試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041041185

猫又お双と一本足の館

  • 著者 周木 律
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041041185

閉ざされた吹雪の館で猫又が犠牲に!? ライトミステリシリーズ最終巻!!

些細なことでぎくしゃくし、姿を消したお双。お双を探す隆一郎はやがて、一本足で立つ不思議な館へ招かれる。そこにはお双と、4匹の猫又がいた。ふたりは無事仲直りするが、隆一郎が容疑者となる事件が起こり!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「猫又お双と一本足の館」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 猫又お双その3。完結編。猫又の特殊能力に関する話が出てくる。最後はいい終わりでよかった。でも八・九賀才の能力がよくわからない・・・。 猫又お双その3。完結編。猫又の特殊能力に関する話が出てくる。最後はいい終わりでよかった。でも八・九賀才の能力がよくわからない・・・。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2016年04月07日
    103人がナイス!しています
  • 再読。隆一郎とお双、最後の事件は猫又と人間の絆を試された青森にある奇妙な館での出来事。個人的にはもう少し続いてほしかったシリーズではあったが、人間と猫又は共に暮らせるものなのか?そのような疑問に館ミス 再読。隆一郎とお双、最後の事件は猫又と人間の絆を試された青森にある奇妙な館での出来事。個人的にはもう少し続いてほしかったシリーズではあったが、人間と猫又は共に暮らせるものなのか?そのような疑問に館ミステリーを取り入れながら展開していた点は最終巻にふさわしい内容だったと思う。ヤムたちが仕込んだ謎、それを乗り越えた隆一郎は他の猫又にお双との関係を認めてもらうことができて良かったです。表紙のお双の表情も1巻に比べると大人びている感じがします。あと雪だるまが可愛い。2人?は今後も仲良く暮らしていくことでしょう。 …続きを読む
    ami*15
    2018年03月19日
    35人がナイス!しています
  • 最終巻らしくシリアスなスタート!主人公も人間だったんだなぁ!あまりにも出来すぎ君だったから、逆に良かった(笑)後半はちゃんと謎ときで(  ̄▽ ̄) 最終巻らしくシリアスなスタート!主人公も人間だったんだなぁ!あまりにも出来すぎ君だったから、逆に良かった(笑)後半はちゃんと謎ときで(  ̄▽ ̄)
    あっちゃん
    2019年08月08日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品