角川文庫

猫又お双と教授の遺言

猫又×大学院生のコンビが暗号に挑む! 気鋭によるライトミステリ第2弾!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041031803
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

猫又お双と教授の遺言

猫又×大学院生のコンビが暗号に挑む! 気鋭によるライトミステリ第2弾!

  • 著者 周木 律
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041031803

猫又×大学院生のコンビが暗号に挑む! 気鋭によるライトミステリ第2弾!

大学院生の隆一郎と猫又のお双が暮らす貧乏長屋に、教授が遺した古文書の謎を解いて欲しいという相談が舞い込む。古文書のある屋敷を訪れるふたりだったが、関係者の集う一室で、古文書が消失してしまい!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「猫又お双と教授の遺言」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 猫又お双その2。猫又の特殊能力が本作でもあまり活かされてないような気が・・・。でも今回の伏線で次作以降に期待。 猫又お双その2。猫又の特殊能力が本作でもあまり活かされてないような気が・・・。でも今回の伏線で次作以降に期待。
    ダイ
    2015年11月13日
    100人がナイス!しています
  • 再読。隆一郎とお双、2つ目の事件は亡き教授が遺した古文書とその弟子たちを巡るお話。話の構成は前作と似ており使われていたトリックも相変わらずシンプルなものでしたが、お双は新たに隆一郎と心の中で会話ができ 再読。隆一郎とお双、2つ目の事件は亡き教授が遺した古文書とその弟子たちを巡るお話。話の構成は前作と似ており使われていたトリックも相変わらずシンプルなものでしたが、お双は新たに隆一郎と心の中で会話ができるという能力を身につけ、この能力も活用して謎を解く2人?の仲は更に高まっていたように感じました。教授が古文書を通じて4人の弟子に遺した言葉も状況を予感していたような良い言葉だったかと。歳を重ねるたびに新たな成長を見せる猫又。次の「一本足の館」が最終巻なので、お双に何が起きるかこちらも近々再読します。 …続きを読む
    ami*15
    2018年03月18日
    33人がナイス!しています
  • 隆一郎と猫又のお双のもとに古亡くなった歴史学教授が遺した文書を解読して欲しいという相談が舞い込み、後継者争いをする四人の弟子たちが集う故人の屋敷を訪ねる第二弾。わりとのんびりとした感じの隆一郎とお双の 隆一郎と猫又のお双のもとに古亡くなった歴史学教授が遺した文書を解読して欲しいという相談が舞い込み、後継者争いをする四人の弟子たちが集う故人の屋敷を訪ねる第二弾。わりとのんびりとした感じの隆一郎とお双の関係は相変わらずですが、ついに二人の間でテレパシーを使える関係に(苦笑)ミステリとしては被害者が珈琲を飲んで倒れた理由と消失した古文書の謎解きで、いがみ合っていた四人の弟子のありようを解く結末はわりとスッキリとまとまったのかなと。次巻ではお双がまた進化しそうな示唆もあって、どうなるのか気になるところですね。 …続きを読む
    よっち
    2015年11月24日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品