試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041056103

災厄

  • 著者 周木 律
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041056103

四国壊滅!? 死者30万人!? 一気読み必至のパニックサスペンス!!

原因不明の症状により、市町村単位で住民が集団死する事件が発生した。高知県を発端に“災厄”は四国全域に広がり、なおも範囲を拡大していく。そんな中、政府の対策本部では災厄の原因を巡って厚生労働省と警察庁が対立。ウイルス感染説を主張する厚労省キャリアの斯波は、真相解明のため自ら四国へと乗り込むが――。超弩級のスケール感と押し寄せる恐怖! 未曾有の危機に立ち向かう、一気読み必至のパニックサスペンス!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「災厄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著作にこんなパンデミックものがある作家にとって、このコロナ禍はあり得ることだったのでしょうか。現実と比較して読みたくなる。小説の中で起きていることを思えば、現実のほうが落ち着いているか。災禍に人を罵倒 著作にこんなパンデミックものがある作家にとって、このコロナ禍はあり得ることだったのでしょうか。現実と比較して読みたくなる。小説の中で起きていることを思えば、現実のほうが落ち着いているか。災禍に人を罵倒するだけのお偉方に辟易。主人公も嫌な奴だったけど、かつて裏切った相手と和解してからは応援したくなりました。昼行灯かと思われた官房長官が最後は頼もしい。自然は悪意なきテロリストだという言葉が頭に焼き付いています。「悪気はなかった」という言い訳が厄介なように、悪意のないテロというのはどうしようもない。災厄は続く。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年10月30日
    28人がナイス!しています
  • 原因不明の症状で多くの人が亡くなり、さらに高知から四国全域へ広がっていき…パニックサスペンス。こういうのは勢いつけて読むと面白い。政治家のあれこれ、誰が主人公になるかでこの辺りの比重は。歩美に関するく 原因不明の症状で多くの人が亡くなり、さらに高知から四国全域へ広がっていき…パニックサスペンス。こういうのは勢いつけて読むと面白い。政治家のあれこれ、誰が主人公になるかでこの辺りの比重は。歩美に関するくだりはちょっと。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2018年07月05日
    28人がナイス!しています
  • 期待値を超えて面白かった。パンデミックかテロかという謎を主軸に政府中枢での権力争い、主人公と妻、同期との関係など重層的に描かれ、飽きることがない。パニック小説として優れていると感じたが、主人公の成長、 期待値を超えて面白かった。パンデミックかテロかという謎を主軸に政府中枢での権力争い、主人公と妻、同期との関係など重層的に描かれ、飽きることがない。パニック小説として優れていると感じたが、主人公の成長、友情物語としても楽しめ、比較的読後感は良い。パニック小説なので当然怖い場面は多々あるが、最後の最後で某国のテロだったのでは?と示唆される場面は最も怖い。テロなら何かしらの要求があると考え勝ちだが、こうした意図でのテロというのも今後は起こりうるのかもと考えると暗澹とした気分になる。一点千恵さんは放置気味。 …続きを読む
    大福
    2018年02月09日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品