試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044001315

細雪 下

  • 著者 谷崎 潤一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044001315

戦争の気配迫る昭和初期の大阪を舞台にした四姉妹の物語。谷崎の代表作!

日中戦争開戦の向きがいよいよ本格的になる中、三女・雪子の縁談に光が見える。一方、家から絶縁を言い渡された妙子は――。著者・谷崎が第二次大戦下、自費出版してまで世に残したかった、大作の完結編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「細雪 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 闇夜に蛍の光が明滅したあの夜の幽玄が、美しい姉妹の名残りを惜しんでいる。一日もはやく送り出せる日をのぞんで気を揉み奔走したのに、ひと息つけるこの日は、なぜだろうさみしい。思い返すのは華やかな桜の季節。 闇夜に蛍の光が明滅したあの夜の幽玄が、美しい姉妹の名残りを惜しんでいる。一日もはやく送り出せる日をのぞんで気を揉み奔走したのに、ひと息つけるこの日は、なぜだろうさみしい。思い返すのは華やかな桜の季節。とりどりの衣装。少女の思い出は去って。それぞれのこれからを思ってもどこか浮かない。唐突に終わってしまった物語の続きをいろいろと思う。時局のくらい影がさして、明るさははかないけれど、それでも彼女らのこれからに幸せあらんことを願う。 …続きを読む
    ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中
    2020年01月04日
    180人がナイス!しています
  • 雪姉ちゃんに、こいちゃん、ついでに啓坊も…あんたら三十路を越えて、あるいは目前にして少しは大人になろうよ…中巻から引き続き歯痒い思いばかりに「いやいや…」「おいおい!」と溜息つきツッコミ入れながら一気 雪姉ちゃんに、こいちゃん、ついでに啓坊も…あんたら三十路を越えて、あるいは目前にして少しは大人になろうよ…中巻から引き続き歯痒い思いばかりに「いやいや…」「おいおい!」と溜息つきツッコミ入れながら一気に読んだ(笑)だって、いくら内向的といえども嫌か許せるかという自分の気持ち位示せるだろうし、どれだけ気ままであっても身内も周囲も小馬鹿にして引っ掻き回して意のままにとはあまりに浅はか…最後ちょっと早足で訪れる結末のまた不穏な様子に苦笑い。読了にはだいぶ疲れたけれど、その行く末を不安視するとともに寂しくもある… …続きを読む
    nobby
    2020年03月23日
    138人がナイス!しています
  • 中巻終盤の悲劇から場面は久しぶりの雪子の縁談へ。淑やかな母の面影がある雪子には恰好な縁が見付からず、妙子が日蔭者となった責任を感じる幸子の侘しさ。幸子を気遣い奔走する夫の情愛、鶴子の涙の雫。相変わらず 中巻終盤の悲劇から場面は久しぶりの雪子の縁談へ。淑やかな母の面影がある雪子には恰好な縁が見付からず、妙子が日蔭者となった責任を感じる幸子の侘しさ。幸子を気遣い奔走する夫の情愛、鶴子の涙の雫。相変わらず奔放な妙子は様々な問題に直面し、周囲は翻弄され意見の相違や葛藤が生じ…。仲の良い姉妹達の心情も微妙に変化し、物哀しく切ない気持ちに。格式や伝統の重み、国際情勢の緊迫化、儚い美しさへの哀惜。おっとりした船場言葉が響き合い、姉妹達が艶やかな着物姿で揃う日が再び訪れることを桜咲く春に重ね、思い浮かべてしまいます。 …続きを読む
    アン
    2021年01月12日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品