試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784042560005

境界探偵モンストルム

  • 著者 十文字 青
  • イラスト 晩杯あきら
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784042560005

境界。異形。謎。探偵。吸血鬼。異界。闇。人狼。異種。――クズ。

境界――異界、狭間の空間、異種が棲まう場所。
それは、現界――こちら側とは違う場所。

探偵・狭間ナルキヤには友がいる。
元警官、教授、ゲーマー、組の若頭、その子分、自称・愛の伝道師、風俗マエストロ、人気高級風俗嬢、インド人ナンパ師、釣り名人、淫魔、半吸血鬼。
総じてクズで、総じて最高なヤツらだ――。

狭間探偵事務所を、ある日一人の客が訪れる。
彼女の依頼は男とともに消えた妹の捜索。いわゆる人捜し。――だが。
新興暴力団や民警による拉致・監禁・暴行。不法移民。人身売買の国際組織。そして――“異種”の痕跡。

「きみの妹さんは人間か?」

事件は“彼ら”に纏わる様相を帯び、物語は加速をはじめる――。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「境界探偵モンストルム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 男と共に謎の失踪を遂げた女性・深雪を探す依頼を受けた探偵・ナルキヤが、依頼を達成する過程で様々な組織に追われることになる話。えぇやん。アウトローでクソッタレな登場人物達、\境界\と呼ばれる異種族の存在 男と共に謎の失踪を遂げた女性・深雪を探す依頼を受けた探偵・ナルキヤが、依頼を達成する過程で様々な組織に追われることになる話。えぇやん。アウトローでクソッタレな登場人物達、\境界\と呼ばれる異種族の存在、作品に漂うハードボイルドな空気、この3つが絶妙にマッチしており作者さんらしい作品に仕上がってました。ただの人間でしかないナルキヤが、ボロボロになりながらも探偵としての矜持を捨てず、仲間の力を借りて前進する姿は漢として格好よく、苦みのある結末も含め大人のラノベって感じがして良かったです。続編も読んでみたい。 …続きを読む
    まりも
    2016年03月16日
    60人がナイス!しています
  • 対象に設定している読者の問題か、ひたすらバイオレンスと裏社会の話でキツかった。 対象に設定している読者の問題か、ひたすらバイオレンスと裏社会の話でキツかった。
    佐島楓
    2016年06月23日
    49人がナイス!しています
  • 狭間ナルキヤが探偵業をする狭間探偵事務所に消えた妹の捜索を頼む依頼人が来る。妹は男と共に姿を消していて、町に住む様々なナルキヤとの顔見知りに協力して貰いながら妹を探すも、それはただの人探しではなく“境 狭間ナルキヤが探偵業をする狭間探偵事務所に消えた妹の捜索を頼む依頼人が来る。妹は男と共に姿を消していて、町に住む様々なナルキヤとの顔見知りに協力して貰いながら妹を探すも、それはただの人探しではなく“境界”を跨ぎ始め…。町の片隅に住むしがなき探偵が町に住む様々なアウトローな人達と共にハードボイルドなミステリをしていくってこういうの好きだなぁ。「探偵はBARにいる」みたい。暴力団に民警による暴行,拉致監禁と本当にハードボイルドだった。そしてそのアウトローの中に“境界“という異種の人間が混じる事によって→ …続きを読む
    Yobata
    2016年03月14日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品