試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048655743

やくしょのふたり

  • 著者 水沢 あきと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048655743

仕事も恋も不具合だらけ!? 凸凹男女が織りなす、お役所&お仕事物語!

“お役所仕事”なんて一切なし!?
元気な明日は若い二人が作ります……たぶん。

矢田聡司、社会人3年目。勤めていた会社から急な出向を命じられた不幸な彼は、初日の通勤中、痴漢に間違われたところを美女に助けられる。
彼女の名は鏑木彩佳。感謝する矢田が身の上を明かした瞬間、彼女は不機嫌も露わに去ってしまう。その理由がわからず困惑する矢田だが、出向先の同僚として不機嫌な美女と運命の再会を果たすことに。
そんな矢田の新しい仕事とは、『消費者省』という商品の安全性を守るために作られた『国の役所』で働くこと。ハードな職場で訳ありクール美女と凸凹コンビを組むことになった彼は、次第に彼女が抱える秘密を知っていくが……。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「やくしょのふたり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • MWで装丁のイラストからほっこり系かと思っていたが、リコールやブラック企業による隠ぺい事件、品質保証や企業統治におけるCSRの遵守等、寧ろタイトでハードなものだった。如何にも実在しそうな消費者事故調査 MWで装丁のイラストからほっこり系かと思っていたが、リコールやブラック企業による隠ぺい事件、品質保証や企業統治におけるCSRの遵守等、寧ろタイトでハードなものだった。如何にも実在しそうな消費者事故調査室は、消費者の安全性確保を目的に企業の不正を捜査する公の組織だ。矢田は新たに民間企業から出向し、プロパーで先輩の鏑木彩佳とコンビを組んだ。リコール問題に対し硬骨的な遺恨を持っている鏑木が、リコールを扱う組織に籍を置く真の目的とは何か。サスペンステイストにプチ甘酸さ、スピーディーな展開が読みやすく、面白かった。 …続きを読む
    dr2006
    2017年09月28日
    42人がナイス!しています
  • 主人公が出向することになる役所が「消費者省」ということで、リコールの問題などが絡むのがライトノベルとしては珍しい。肝心のふたりの関係はちょっと幼い感じがするものの、恋愛をメインに愉しむのも良いと思う。 主人公が出向することになる役所が「消費者省」ということで、リコールの問題などが絡むのがライトノベルとしては珍しい。肝心のふたりの関係はちょっと幼い感じがするものの、恋愛をメインに愉しむのも良いと思う。 …続きを読む
    佐島楓
    2016年02月08日
    42人がナイス!しています
  • なるほど、リコール問題とはね。なかなか面白かったし、二人の今後が気になるのぜひ続きを書いてもらいたい。 なるほど、リコール問題とはね。なかなか面白かったし、二人の今後が気になるのぜひ続きを書いてもらいたい。
    マコポン
    2016年06月08日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品