彼女と僕の伝奇的学問(3)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
370
ISBN:
9784048661461

彼女と僕の伝奇的学問(3)

  • 著者 水沢 あきと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
370
ISBN:
9784048661461

冬の遠野――民俗学の聖地で若者たちはついに真の伝奇的現象に遭遇する!?

研究会メンバーの早池峰雪希が大学を去った。啓介をはじめ残されたメンバーは事情を聞くために彼女の実家へ向かう。岩手県・遠野。そこは、著・柳田國男『遠野物語』の舞台。民俗学の聖地と呼べる場所だった……。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「彼女と僕の伝奇的学問(3)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第三弾。今までは何度もピンチを救ってきた早池峰さんが大ピンチに。ミステリ部分をそれほど推している作品ではなかったですが、、、今作でついに決別か。 シリーズ第三弾。今までは何度もピンチを救ってきた早池峰さんが大ピンチに。ミステリ部分をそれほど推している作品ではなかったですが、、、今作でついに決別か。
    hnzwd
    2013年11月22日
    25人がナイス!しています
  • 民俗学や文化人類学といったアカデミックな背景に立ち、土着信仰がほぼ宗教化した民族伝承みたいな怪しげなテーマを扱うわりに本作は、ラノベ的な味付けによってミステリーとファンタジー要素が散りばめられることで 民俗学や文化人類学といったアカデミックな背景に立ち、土着信仰がほぼ宗教化した民族伝承みたいな怪しげなテーマを扱うわりに本作は、ラノベ的な味付けによってミステリーとファンタジー要素が散りばめられることで、非常に読み易くなっている。遠野物語の一部を作中に紹介しモチーフに水沢さん的なアレンジしているところが読みどころだ。そう言いながら、自分は民話逸話の説話集と言われる遠野物語自体を読んだことがないので(汗)、一度、原作を通しで読みたいと思った。 …続きを読む
    dr2006
    2016年07月01日
    24人がナイス!しています
  • 遠野物語を基盤としたカルト作品に。なんか民俗学の色が薄くなったかなと。物語としてはいまひとつかな。ミステリとしては及第点かな、ところどころ気になるところはあるけれど、遠野物語の絡ませ方はまあまあかなと 遠野物語を基盤としたカルト作品に。なんか民俗学の色が薄くなったかなと。物語としてはいまひとつかな。ミステリとしては及第点かな、ところどころ気になるところはあるけれど、遠野物語の絡ませ方はまあまあかなと。掛け合いが薄く起伏に欠けているので淡々とした進行、かといって本気で読み込むミステリでないので物語を追うだけでいまひとつで、曖昧にしてはっきりさせないのが逃げに見えるのが難点か。手段も結果論なだけで一線を越えたなって感じで…。カルトな空気を楽しむものか。登場人物も空気で影が薄く微妙、素材を活かせれず惜しい。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年11月03日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品