死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

映画化作品

「おすすめ文庫王国2017」(本の雑誌社)ノンフィクション部門 第1位

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
516
ISBN:
9784041036211

映画化作品

「おすすめ文庫王国2017」(本の雑誌社)ノンフィクション部門 第1位

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

  • 著者 門田 隆将
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
516
ISBN:
9784041036211

あの時、何が起き、何を思い、どう闘ったのか。原発事故の真相が明らかに!

2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがいた。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

映画 『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)

2020年3月全国ロードショー
出演:佐藤浩市 渡辺謙
監督:若松節朗
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
© 2020『Fukushima 50』製作委員会

映画『Fukushima 50』メイキングニュース映像

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東日本大震災での原発事故のルポ。原発事故は行政と事業者の慢心が生んだ事故である。あの事故は何故慢心が生んだか。実際にテロやスマトラ沖地震の津波による被害を考慮し、電源確保の対策をすべきところを時の政府 東日本大震災での原発事故のルポ。原発事故は行政と事業者の慢心が生んだ事故である。あの事故は何故慢心が生んだか。実際にテロやスマトラ沖地震の津波による被害を考慮し、電源確保の対策をすべきところを時の政府と事業者は、日本には起こり得ないとし対策をとらなかった。また、当時の菅首相の無駄な現地視察は愚の骨頂だった。辛辣な言い方だが、事業者が命を賭けて事故を解決するのは当然なのだ。事業者が原発で録を食む。その録は事故を起こさない代償である。事故が起きれば命を失っても解決するのは当然のはず。それが責任だと思う。 …続きを読む
    yoshida
    2017年05月28日
    153人がナイス!しています
  • 「死の淵を見た」とは吉田昌郎所長が己れの命の限りを意識したという意味ではない。東日本が、しいては日本の国体そのものが「死の淵」に立たされた境界線にいたという意味だ。福島原発事故の本を続けて読んだおかげ 「死の淵を見た」とは吉田昌郎所長が己れの命の限りを意識したという意味ではない。東日本が、しいては日本の国体そのものが「死の淵」に立たされた境界線にいたという意味だ。福島原発事故の本を続けて読んだおかげで、3Dで迫る事実が私の精神に激しい揺さぶりをかける。死を覚悟し闘う現場の人間に投げつける菅の叱責と怒声。この雰囲気の中、吉田がとった行為を読めるのはP330。読んで欲しいと思っているので書かないが、泣き笑いのなか心底その漢に惚れた。逆に亡くなった所員が実は逃げて飲み屋にいたと書いた物書き。軽蔑してやまない。 …続きを読む
    しいたけ
    2018年03月09日
    115人がナイス!しています
  • 門田隆将さん作品1冊目です。これまで切り取られたマスコミ情報だけで福島原発事故を終わらせていた自分を、あまりに情けなく思いました。感想も不要です。今も続く廃炉処理を残しつつも、こうして日本があること! 門田隆将さん作品1冊目です。これまで切り取られたマスコミ情報だけで福島原発事故を終わらせていた自分を、あまりに情けなく思いました。感想も不要です。今も続く廃炉処理を残しつつも、こうして日本があること!これだけは事実です。考えさせられる事が多過ぎた一冊でした。過去形では、済まされ無いことを含め、読んで頂きたい一冊です。 …続きを読む
    バイクやろうpart2
    2019年01月11日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

門田 隆将(かどた・りゅうしょう)

1958年(昭和33年)、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。
主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部〜第三部・小学館)、『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『記者たちは海に向かった津波と放射能と福島民友新聞』(角川書店)などがある。

最近チェックした商品