夜の淵をひと廻り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041035580

夜の淵をひと廻り

  • 著者 真藤 順丈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041035580

街の異変を解き明かさずにはいられない巡査が紐解くサイコ・ミステリ!!

職務質問と巡回連絡が三度の飯より大好きで、管轄内で知らないことがあるのが許せない、良く言えば“街の生き字引”、率直に言えば“全住民へのストーカー”。ある街のある交番で住民を見守るシド巡査のもとには、奇妙な事件が呼び寄せられる。魔のバトンが渡されたかのように連鎖する通り魔事件、過剰すぎる世帯数が入居したロッジ、十数年にわたって未解決のご当地シリアルキラー。市井の片隅には、怪物の巣食う奈落がひそかに口を開けている――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜の淵をひと廻り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読作家さん。実は著者がまだ作家としてデビューされる前に脚本兼演者をやられていた芝居に何度か足を運んだ記憶があります。その芝居も不思議感満載でしたが、本書も負けてない(笑)!架空の町山王子をこよなく愛 初読作家さん。実は著者がまだ作家としてデビューされる前に脚本兼演者をやられていた芝居に何度か足を運んだ記憶があります。その芝居も不思議感満載でしたが、本書も負けてない(笑)!架空の町山王子をこよなく愛するシド巡査の事件簿。詮索魔、網羅フリーク、三度の飯より職務質問が好きという全住民のストーカーなるも、本庁捜査一課の刑事をも凌ぐ異能の推理力を持ち合わせた警官の一風変わった連作ミステリ。「悪の家」「新生」も良いが1番は「ぼくは猿の王子さま」。著者独特の癖のある文体がまたシュールでした。 …続きを読む
    nuit
    2017年10月10日
    133人がナイス!しています
  • 週刊文春のミステリーレビューで☆4.5の高評価だったため、読みました。真藤順丈、初読です。交番の巡査が主人公の連作短編集。どの登場人物もクセがあり、不思議な世界観です。中では尼崎の事件を想い出させる「 週刊文春のミステリーレビューで☆4.5の高評価だったため、読みました。真藤順丈、初読です。交番の巡査が主人公の連作短編集。どの登場人物もクセがあり、不思議な世界観です。中では尼崎の事件を想い出させる「悪の家」と表題作「夜の淵をひと廻り」がオススメです。山(八?)王子の駅・街はポテンシャルが落ちて来ていると思いますが、こんなにも妖しく不気味な街なのでしょうか? …続きを読む
    starbro
    2016年05月18日
    122人がナイス!しています
  • 残忍さがはみ出していて、加減のない暴力であっけなく人が逝ってしまう街で、襲われたことによるPTSDからずっと自転車で交番勤務をしている男。自転車での見廻りに妙に自信があって、自意識過剰なところは笑いを 残忍さがはみ出していて、加減のない暴力であっけなく人が逝ってしまう街で、襲われたことによるPTSDからずっと自転車で交番勤務をしている男。自転車での見廻りに妙に自信があって、自意識過剰なところは笑いを誘う。彼が見廻るのは〝淵〟。この世の淵、夜の淵、あの世との境界線。真面目に境目を彷徨う男の長年の心の突っかかりを笑い飛ばすアイザワは、この世と繋がる橋なのかもしれない。 …続きを読む
    ケイ
    2019年01月30日
    121人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品