地図男

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840138260

地図男

  • 著者 真藤 順丈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840138260


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地図男」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 発想は素直に面白いと思ったんですが… 理解力の乏しい私には合わなかったです。ムサシとアキルの話とか、区VS区の話なんかはもっと掘り下げてもらえたらよかったのになぁ... 募集要項があったから仕方が無い 発想は素直に面白いと思ったんですが… 理解力の乏しい私には合わなかったです。ムサシとアキルの話とか、区VS区の話なんかはもっと掘り下げてもらえたらよかったのになぁ... 募集要項があったから仕方が無いね。 それでも紡ぎ手と語り手の確立した部分や最後の話のまとめ方は収まりが良かったです。 …続きを読む
    Shinji
    2016年06月17日
    85人がナイス!しています
  • 大判の関東版地図帖に様々な物語を紡ぐ地図男。偶然その地図帖を目にした「俺」は、そこで語られる物語に惹き込まれ、ある疑問を抱く。地図帖に書き込まれた物語はどれも面白い。しかし地図男の正体や「俺」が抱く疑 大判の関東版地図帖に様々な物語を紡ぐ地図男。偶然その地図帖を目にした「俺」は、そこで語られる物語に惹き込まれ、ある疑問を抱く。地図帖に書き込まれた物語はどれも面白い。しかし地図男の正体や「俺」が抱く疑問に対する確たる答えは、本を読み終わっても明かされない。でも何だろう、この読後感は。主人公の二人と秘密を共有した様な、ちょっとニヤニヤしてしまうこの気持ちは。「ここにも居るんだぜ、一緒に聞かせてくれよ!」 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年07月23日
    61人がナイス!しています
  • 感想を書くのを忘れてた。墓頭のイメージで読んだら、ちょっとガッカリ。地図男の紡ぐ物語たちは、ポップでエンターテイメントかもしれないけれど、地図に書き込む必要性がわからない。確かに最後の話はグッときた。 感想を書くのを忘れてた。墓頭のイメージで読んだら、ちょっとガッカリ。地図男の紡ぐ物語たちは、ポップでエンターテイメントかもしれないけれど、地図に書き込む必要性がわからない。確かに最後の話はグッときた。でも、読み終えて、何故か消化不良のような気持ちがするのは何故だろう。うーむ、私が、極度の方向音痴で地図嫌いだからか?平山さんのメルカトルは、入り込めたのになぁ。疑問が疑問のままが、多すぎたのか?いつもは、そこを想像する楽しみがあるのだけど。やはり、東西南北の感覚が欠如してる私がダメダメなのか? …続きを読む
    ももっち
    2017年06月18日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

真藤 順丈(しんどう じゅんじょう)

1977年東京都生まれ。2008年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞など、主要新人賞4賞を受賞し注目を集める。ほかの著書に『RANK』『バイブルDX』『畦と銃』『七日じゃ映画は撮れません』『しるしなきもの』『黄昏旅団』などがある。

最近チェックした商品