庵堂三兄弟の聖職

第15回 日本ホラー小説大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043943746

第15回 日本ホラー小説大賞

庵堂三兄弟の聖職

  • 著者 真藤 順丈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043943746

全選考委員、絶賛! 第15回日本ホラー小説大賞・大賞受賞作、待望の文庫

遺体から様々な製品を作り出す「遺工」を家業とする庵堂家。父の七回忌を機に、長男・正太郎のもと久々に三兄弟が集まるが、かつてない難しい依頼が舞い込んで!? 第15回日本ホラー小説大賞受賞!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「庵堂三兄弟の聖職」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • わ!すごいの読んじゃった。遺体を加工してカバンやら何やらに加工して『遺工品』を作る遺工師。その工房の三兄弟がどいつもこいつもネジがぶっ飛んでいる。その三兄弟がそれぞれ自分の道を見つける。とか書くとまと わ!すごいの読んじゃった。遺体を加工してカバンやら何やらに加工して『遺工品』を作る遺工師。その工房の三兄弟がどいつもこいつもネジがぶっ飛んでいる。その三兄弟がそれぞれ自分の道を見つける。とか書くとまともなお話かと思いきや、いやー、なんとも言えんわ。でも、この作家さん独特のリズムの文章で一気に読んでしまった。この作品からあの『宝島』に繋がるんだから、作家さんって面白い。人には勧めないけど、面白かった。 …続きを読む
    papako
    2019年09月08日
    77人がナイス!しています
  • 解説を書いている平山夢明さんの言葉を借りると「死を悼むため遺体を材料にした日常品を遺族のために作る細工師」を家業とする庵堂家の三兄弟の物語。「ウカツ。また死体と一緒に寝てしまった。」と始まり、どんな話 解説を書いている平山夢明さんの言葉を借りると「死を悼むため遺体を材料にした日常品を遺族のために作る細工師」を家業とする庵堂家の三兄弟の物語。「ウカツ。また死体と一緒に寝てしまった。」と始まり、どんな話なのかと読み進めると、これがグロい描写や汚い言葉で綴られ、でもその奥は優しさで満たされた平山テイストバリバリの、読後清々しささえ憶える庵堂三兄弟の成長物語だった。面白かったです。またお気に入りの作家さんが増えてしまいました。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年07月17日
    70人がナイス!しています
  • こう言う本はこのドクメに入ってなきゃ絶対知らないで済んだはず。平山夢明さんの本を読んだ時と同じくらい凄い内容なんです。衝撃的と言えばいいのか・・。ホラーと括られておりますが、ホラーと言うよりとても哀し こう言う本はこのドクメに入ってなきゃ絶対知らないで済んだはず。平山夢明さんの本を読んだ時と同じくらい凄い内容なんです。衝撃的と言えばいいのか・・。ホラーと括られておりますが、ホラーと言うよりとても哀しい・・遺工師の話。死を悼む為に遺体を材料にした日常品を遺族の為につくる細工師。そんな事聞いたことないけれど需要としてはありそう・・不謹慎かもしれないけれど。この親と三人の兄弟の話、グロイですが胸打つ内容でした。PAPAKOさんに感謝して(^^♪ …続きを読む
    はつばあば
    2019年09月16日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

真藤 順丈(しんどう じゅんじょう)

1977年東京都生まれ。2008年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞など、主要新人賞4賞を受賞し注目を集める。ほかの著書に『RANK』『バイブルDX』『畦と銃』『七日じゃ映画は撮れません』『しるしなきもの』『黄昏旅団』などがある。

最近チェックした商品