角川文庫

墓頭

数奇な運命に挑み続ける男を圧倒的熱量で描く、唯一無二のピカレスクロマン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784041035498
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

墓頭

数奇な運命に挑み続ける男を圧倒的熱量で描く、唯一無二のピカレスクロマン

  • 著者 真藤 順丈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784041035498

数奇な運命に挑み続ける男を圧倒的熱量で描く、唯一無二のピカレスクロマン

双子の片割れの死体が埋まったこぶを頭に持ち、周りの人間を死に追いやる宿命を背負った男―ボズ。香港九龍城、カンボジア内戦など、底なしの孤独と絶望をひきずって、戦後アジアを生きた男の壮大な一代記。

人物相関図

おすすめコメント

小説にできること。小説でしかできないこと。
真藤順丈は苛烈な昂奮を書物という墓石に刻む。容赦はない。
――京極夏彦(作家)

すべてが過剰。すべてが本物。凄すぎるヒーローの凄すぎる一代記。
ボズ、あんたは最高だ!
――大森望(書評家)

すべてマイナスから出発したような人間が、腐った世の中のなかの中心を抜く。
これは真藤順丈版の『地獄の黙示録』だ。
――平山夢明(作家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「墓頭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 直木賞作家となった真藤氏の過去の作品を読んでみた。受賞作と比べると拙さは否めないが、行き場のないたぎる熱がやはりここにもある。政治と絡めたために、肝心の元にある話がぶれてしまっているのが残念だ。出だし 直木賞作家となった真藤氏の過去の作品を読んでみた。受賞作と比べると拙さは否めないが、行き場のないたぎる熱がやはりここにもある。政治と絡めたために、肝心の元にある話がぶれてしまっているのが残念だ。出だしからの主人公の描かれ方にとても惹き付けられただけに...。真藤氏は、RPG世代なのだろうか。戦って生き残るというストーリーが基軸にあるのかもしれない。もう1冊読んでみようと思う。どうしても今回の受賞作と比べてしまうので、感想が辛口になってしまった。 …続きを読む
    ケイ
    2019年01月23日
    122人がナイス!しています
  • 宝島を100円で楽しませてもらったので、こちらを。うーん、途中までは楽しめた。『生まれながらに彼は墓だった』つかみは良かった。彼ボズが動いて行動している間の物語は楽しめた。第五部のヒョウゴの部分は、観 宝島を100円で楽しませてもらったので、こちらを。うーん、途中までは楽しめた。『生まれながらに彼は墓だった』つかみは良かった。彼ボズが動いて行動している間の物語は楽しめた。第五部のヒョウゴの部分は、観念的で置いていかれてしまった。しかしラストに向かって、シロウの生死、ユウジンの真実、ヒョウゴとボズのそれぞれのシロウへの想いを知ると、物語がまた違った味わいになりました。振り返れば楽しめた。でも、作者独特の語りが好み別れるだろうな。やはり『宝島』が良すぎたから、辛くなってしまうな。 …続きを読む
    papako
    2019年02月23日
    64人がナイス!しています
  • なんと濃密な物語で有った事か。頭の中に墓を持って生まれた男の数奇な人生と、関わる人達の悲劇を描いた作品、と言う事なのでしょうが、私にはそれ以上粗筋を説明する事が出来ない。グロテスクでバイオレンス、そし なんと濃密な物語で有った事か。頭の中に墓を持って生まれた男の数奇な人生と、関わる人達の悲劇を描いた作品、と言う事なのでしょうが、私にはそれ以上粗筋を説明する事が出来ない。グロテスクでバイオレンス、そして壮絶、非情なのに、読み終えると嫌悪感だけが残る訳では無い。物語のパワーに圧倒された疲労感と、読み切った達成感の方がより強い。奇想天外とはこの事で、作者の頭の中はどうなっているのか。エンタメとして面白いのでみなさんぜひ、とは言わない。結局何が言いたかったのか、理解出来たとも言えない。ただ、作者の才能に痺れた。 …続きを読む
    森オサム@ゲームしかしてないので読書お休み中
    2017年06月04日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

キテレツな設定から、どのような展開になるのか、予想もつかない展開でした。墓頭の幼少時代から始まり、青年に至るまでのイントロ、墓頭の人生が思いもよらぬ展開になり、目を離せないまま、バイオレンスに続くせつなく謎な流れ。最後の結論まで一気に駆け抜ける展開でした。(Portalさん)

最初のタイトルからして、何が何だか分からなく、またボズが何者であるのかが全く分からなかったのですが、読み進んでいくうちにボズの真相・過去が分かり度々、衝撃を受けました。ボリュームがあるお話ですが、読んでみて短くも感じました。(へびとんぼさん)

息をつく間のない展開に一気に引き込まれました。何よりもこの圧倒的な世界観!こんなにも濃い物語には、なかなか出会えません。文句なしに面白い作品です。読んだならば、人に勧めたくなること間違いなし!です。真藤順丈さんの作品は今回初めて読んだのですが、今後の作品に強く期待!(藤崎さん)

著者紹介

真藤 順丈(しんどう じゅんじょう)

1977年東京都生まれ。2008年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞など、主要新人賞4賞を受賞し注目を集める。ほかの著書に『RANK』『バイブルDX』『畦と銃』『七日じゃ映画は撮れません』『しるしなきもの』『黄昏旅団』などがある。

最近チェックした商品