ミネルヴァとマルス 上 昭和の妖怪・岸信介

ミネルヴァとマルス 上 昭和の妖怪・岸信介 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月29日
商品形態:
電子書籍

ミネルヴァとマルス 上 昭和の妖怪・岸信介

  • 著者 中路啓太
発売日:
2019年03月29日
商品形態:
電子書籍

武力ではなく、経済の力で世界と戦うのだ。今必読の歴史ドキュメント小説!

激動の昭和で、常に権力の中枢にいた稀代の政治家・岸信介が目指したものとは?
これからの日本を語り合うための、歴史ドキュメント小説!

昭和8年(1933)。商工省・臨時産業合理局事務官の岸信介は、組織の枠を超えて活躍していた。
人当たりがよく、話もうまい。上司にも女にも気に入られる岸は、末は次官や大臣にもなるのではないか、と目されていた。
国家運営の根幹は経済であり、列強と対峙していくには武力ではなく経済力が必要だと説く岸は、関東軍が支配する満洲に乗り込み産業発展に邁進、日産コンツェルンの満洲移転という奇手の実現を図る。
が、戦争は泥沼化してゆき――。

きな臭い時代にこそ、文官の役割は重大だ。
マルス(武の神)ではなく、ミネルヴァ(文の神)こそが先頭に立たねばならない。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミネルヴァとマルス 上 昭和の妖怪・岸信介」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 濃い。なんて濃い物語なんだ。“昭和の妖怪”とあだ名された岸信介を軸にして戦前、戦中、戦後を描いていく。当時、日本の政治を主導していた人間たちの苦闘。戦争へと転がり込んだ理由。昭和の人物たちが続々と出て 濃い。なんて濃い物語なんだ。“昭和の妖怪”とあだ名された岸信介を軸にして戦前、戦中、戦後を描いていく。当時、日本の政治を主導していた人間たちの苦闘。戦争へと転がり込んだ理由。昭和の人物たちが続々と出てくるが、それぞれが個性的で面白い。「マルスではなく、ミネルヴァこそが先頭に立たねばならんのだよ」という信条を抱いて突き進む岸。清廉潔白な人間ではない。しかし、そこにこの男の覚悟とあり方を感じる。先の見えない巣鴨プリズンに送られた彼の行く末が気になる。 …続きを読む
    サケ太
    2019年10月29日
    22人がナイス!しています
  • 伝記モノは苦手だけど好きな作家なので読んでみた。単に史実を並べるのでは無く、解説が書かれているので状況を掴みやすい。人物像もなかなか魅力的で下巻も楽しみです 伝記モノは苦手だけど好きな作家なので読んでみた。単に史実を並べるのでは無く、解説が書かれているので状況を掴みやすい。人物像もなかなか魅力的で下巻も楽しみです
    2019年05月12日
    22人がナイス!しています
  • 「平成最後の」読了本。下巻は明日以降。岸信介を主人公として戦前戦後の日本を描く大作!英才との誉れ高き学生時代、自分の作品と豪語する満州時代。下巻は巣鴨プリズン前後から始まる!楽しみだな!しかし、孫が稀 「平成最後の」読了本。下巻は明日以降。岸信介を主人公として戦前戦後の日本を描く大作!英才との誉れ高き学生時代、自分の作品と豪語する満州時代。下巻は巣鴨プリズン前後から始まる!楽しみだな!しかし、孫が稀代の愚才でありながら、首相に上り詰めこの国を壊滅させることに腐心するとは、さすがの「昭和の妖怪」でも予想出来なかっただろう。 …続きを読む
    友川サイコー
    2019年04月30日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品