試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041092798

己惚れの記

  • 著者 中路啓太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041092798

腐敗した世の中を、己惚れながら生き抜いてゆけ!

「俺は見境をなくすほどに己惚れている」。侍の世も終わりに近づいた天保年間。たとえ愚か者と罵られようとも、己の信じた道を貫き通す男がいた。誰よりも武士らしくあろうとした男の、手に汗握る一代記!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「己惚れの記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 水野忠邦の天保の改革を描いた時代小説です。幕末を前に武士の世を建て直そうとした忠邦。その改革は何故失敗したのか? 侍の忠は己惚れと断じてる作品。実はその辺はよく分からなかったけどね… 水野忠邦の天保の改革を描いた時代小説です。幕末を前に武士の世を建て直そうとした忠邦。その改革は何故失敗したのか? 侍の忠は己惚れと断じてる作品。実はその辺はよく分からなかったけどね…
    けやき
    2021年02月14日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品