試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
752
ISBN:
9784041032350

大きな音が聞こえるか

  • 著者 坂木 司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
752
ISBN:
9784041032350

終わらない波に乗ってみたい――「俺」が終わってしまう前に。

平坦な毎日を持て余していた高1の泳は、終わらない波・ポロロッカの存在を知ってアマゾン行きを決める。たくさんの人や出来事に出会いぶつかりながら、泳は少しずつ成長していき……。読めば胸が熱くなる青春小説!

メディアミックス情報

NEWS

「大きな音が聞こえるか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 分厚い!!前半はアルバイト編、後半はアマゾン編で上下巻2冊に分けてもいいぐらいだ。まさに青春真っ只中。バイトに旅に色々な経験をした泳の成長を見るにつけ、時には自分の高校生時代の思い出を重ね合わせ、時に 分厚い!!前半はアルバイト編、後半はアマゾン編で上下巻2冊に分けてもいいぐらいだ。まさに青春真っ只中。バイトに旅に色々な経験をした泳の成長を見るにつけ、時には自分の高校生時代の思い出を重ね合わせ、時には親の視線になって暖かい目線で見守っている。アマゾンで一緒に旅をした仲間達との別れのシーンからジワジワきていたが帰国後の母親との会話でついに号泣。終始入るツッコミも笑いを誘ういいアクセント。読み終えるのが寂しく覚える小説は久しぶり。オススメ。「ポロロッカ」で検索すると本当にサーフィンの動画が出てくるんだなぁ。 …続きを読む
    るーしあ
    2015年10月09日
    164人がナイス!しています
  • かなり分厚かったですけど、面白かったー。サーフィン好きの高校生の泳が伯父がブラジルに赴任したのをキッカケにポロロッカ(終わらない波)に乗りに行く物語。毎日がつまらないと恵まれた環境で思っていた泳ですが かなり分厚かったですけど、面白かったー。サーフィン好きの高校生の泳が伯父がブラジルに赴任したのをキッカケにポロロッカ(終わらない波)に乗りに行く物語。毎日がつまらないと恵まれた環境で思っていた泳ですが、バイトを始めたりして、ポロロッカに乗りたいことを伝えていくと不思議と道が開けていきます。後半はブラジルの空気だったり、ポロロッカのサーフィンを撮るチームとの出会いだったり、泳が成長していくのが楽しいです。高校生の頃、心で思っていたことを言語化してくれているので、特に高校生にはオススメです。 …続きを読む
    mariya926
    2021年02月11日
    142人がナイス!しています
  • 坂木さん初読み。主人公が夢を叶える場面はもちろんだが、その前後のこともしっかり描かれている。無気力な日々のなか、やりたいことを見つけ、様々な体験を経て人生観や世界観がかわる。自分が動くことでうねりが起 坂木さん初読み。主人公が夢を叶える場面はもちろんだが、その前後のこともしっかり描かれている。無気力な日々のなか、やりたいことを見つけ、様々な体験を経て人生観や世界観がかわる。自分が動くことでうねりが起こり、貴重な出会いや出来事を引き寄せる。自分は「生きている」のか、それとも日々時間を消費してるだけなのか、と改めて考えさせられた。 とても良かった!本が付箋だらけになってた〜^^; …続きを読む
    なこ
    2016年12月19日
    128人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品