エミリの小さな包丁

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041032084

エミリの小さな包丁

  • 著者 森沢 明夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041032084

自分の居場所はここにある……癒やしを求め、次なる挑戦へ!

信じていた恋人に振られ、職業もお金も、居場所さえも失った25歳のエミリ。藁をもすがる思いで10年以上連絡を取っていなかった祖父の家へ転がり込む。
心が荒みきっているエミリは、人からの親切を素直に受け入れられない。しかし、淡々と包丁を研ぎ、食事を仕度する祖父の姿を見ているうちに、小さな変化が起こり始める。食に対する姿勢、人との付き合い、もののとらえ方や考え方……。周囲の人たち、そして疎遠だった親との関係を一歩踏み出そうと思い始める――。「毎日をきちんと生きる」ことは、人生を大切に歩むこと。人間の限りない温かさと心の再生を描いた、癒しの物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「エミリの小さな包丁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 都会での事情から、エミリは漁師町に住む祖父の家に身を寄せる。15年振りに再会する祖父とエミリ。祖父と漁師町の人々の優しさが、エミリを徐々に立ち直らせていく。しかし、かつての友人がエミリを訪れ漁師町にも 都会での事情から、エミリは漁師町に住む祖父の家に身を寄せる。15年振りに再会する祖父とエミリ。祖父と漁師町の人々の優しさが、エミリを徐々に立ち直らせていく。しかし、かつての友人がエミリを訪れ漁師町にも毒を残す。そこからエミリは人生にどう立ち向かうか。挫折からの再生はよくある題材ではある。しかし人物の心理描写が丹念で、エミリと祖父の料理がアクセントを与える。人は生きていれば失敗するし、苦しい過去もある。それでも生きていく。毎日の中で少しでも小さな幸せを見つけながら。旅立つエミリの姿が美しい。素敵な作品です。 …続きを読む
    yoshida
    2018年04月29日
    393人がナイス!しています
  • 都会で傷つき、逃げるように祖父のいる海辺の村にやってきたエミリ。海の恵みとおじいちゃんの深い愛情に包まれたスローライフを経て、自分らしさを取り戻していくエミリに、ささくれだった心が癒されました。毎日研 都会で傷つき、逃げるように祖父のいる海辺の村にやってきたエミリ。海の恵みとおじいちゃんの深い愛情に包まれたスローライフを経て、自分らしさを取り戻していくエミリに、ささくれだった心が癒されました。毎日研がれ、小さくなった大切な包丁で祖父と作る魚料理が美味しそうで、自分たちが食べる分だけを採るという生き方も素敵でした。包丁という武器を隠し持って、とある場所に向かうという物騒なプロローグが、エピローグでは感動に変わっていくまさに森沢マジックでした。祖父が大事にしていた包丁の送り主の秘密も、温かく胸に沁みました。 …続きを読む
    ウッディ
    2021年08月23日
    367人がナイス!しています
  • 今作も完全にヤラレました、唯一無二、そして完全無欠の森沢さんワールドに。ココロにキズを負ったワケありの25歳「エミリ」が10数年ぶりに連絡をとり、向かった先は祖父の待つ静かな田舎町。そんな環境の中で、 今作も完全にヤラレました、唯一無二、そして完全無欠の森沢さんワールドに。ココロにキズを負ったワケありの25歳「エミリ」が10数年ぶりに連絡をとり、向かった先は祖父の待つ静かな田舎町。そんな環境の中で、そこに暮らす人々との新たな出会い、そして助けをもらいながら一歩一歩、ゆっくりながらも少しずつ再生していく物語は、鉄板であり真骨頂でもあります。とにかく最初から最後まで、その情景描写の美しさにひたすら引き込まれ、まるで風景が描き出す音までもが聞こえそうになるくらい、抜群の描写です。勿論、涙腺を破壊されました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2016年05月21日
    296人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品