エミリの小さな包丁

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041080542

エミリの小さな包丁

  • 著者 森沢 明夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041080542

傷ついた心を癒やしてくれたのは、おいしいごはんとおじいちゃんだった。

恋人に振られ、職業もお金も居場所もすべてを失ったエミリに救いの手をさしのべてくれたのは、10年以上連絡を取っていなかった母方の祖父だった。人間の限りない温かさと心の再生を描いた、癒しの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エミリの小さな包丁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 心平が落ち込んでるエミリに話す場面が好き。「最近あった小さないいことをなるべくたくさん思い出して、そのときの感情をあらためて丁寧に噛みしめるようにしてたの。そしたら、別に嫌なことがあってもいいじゃん。 心平が落ち込んでるエミリに話す場面が好き。「最近あった小さないいことをなるべくたくさん思い出して、そのときの感情をあらためて丁寧に噛みしめるようにしてたの。そしたら、別に嫌なことがあってもいいじゃん。落ち込んでもいいじゃん。泣いてもいいじゃん。でも、身の回りには、ちゃんといいこともあるじゃんって思えるようになってきた感じかな。つらいときは、身の回りの小さな幸せを眺めて、いい気分を味わっていればいいんだし」今落ち込んでるわたしにも届いたかな。あとおじいちゃんの魚料理には、わたしも胃袋を掴まれちゃいましたあ! …続きを読む
    のんき
    2019年07月27日
    95人がナイス!しています
  • ★★★★★★これは皆、生きてる皆に読んで欲しいとても良い作品でした。泣けたな。本当に、エミリが自分に似てて、すごい感動した。エミリが自分の人生が嫌になって、鬱になって、おじいちゃんの田舎の龍浦に帰る話 ★★★★★★これは皆、生きてる皆に読んで欲しいとても良い作品でした。泣けたな。本当に、エミリが自分に似てて、すごい感動した。エミリが自分の人生が嫌になって、鬱になって、おじいちゃんの田舎の龍浦に帰る話です。おじいちゃんは無口で、不器用なのに、読書家で、すごい良い言葉をエミリにかけるんですよね。『幸せになることより、満足することの方が大事だよ』この台詞が一番心に残りました。きっと読み終わったら、世界が優しくなってますよ。ありがとうございました。 …続きを読む
    佳蓮★道央民
    2019年06月25日
    61人がナイス!しています
  • 15年ぶりに再開した祖父と孫娘。言葉は多くないけれど、2人で並んで立つ台所がいい。大切に手入れをして使い続けるチビた包丁。シュッ、シュッと砥石に包丁の刃先が当たる音、風鈴の凜。まな板で仕上がりを待つ新 15年ぶりに再開した祖父と孫娘。言葉は多くないけれど、2人で並んで立つ台所がいい。大切に手入れをして使い続けるチビた包丁。シュッ、シュッと砥石に包丁の刃先が当たる音、風鈴の凜。まな板で仕上がりを待つ新鮮な魚たち、出来上がった料理の美味しそうなこと。耳で、目で、舌で、そして心で感じる極上の物語をお楽しみあれ! …続きを読む
    カブ
    2019年07月28日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品