夏美のホタル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784048741606

夏美のホタル

  • 著者 森沢 明夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784048741606

ありがとう、と読んだあと、誰もが言いたくなる感動の物語

慎吾と夏美は、ツーリングの途中で山奥のよろず屋「たけ屋」に立ち寄り、地蔵じいさんと、その母のヤスばあちゃんと出会う。通ううちに、二人は離れを借りることに。四人の家族のような共同生活が始まった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏美のホタル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 写真家を目指す大学生・慎吾と幼稚園の保育士・夏美がツーリングで訪れた山間の集落で知り合った老親子と過ごしたひと夏の物語。夏の山里の情景と登場人物たちの温かい心情に癒されました。ほっとして、ほろりとさせ 写真家を目指す大学生・慎吾と幼稚園の保育士・夏美がツーリングで訪れた山間の集落で知り合った老親子と過ごしたひと夏の物語。夏の山里の情景と登場人物たちの温かい心情に癒されました。ほっとして、ほろりとさせられる良い作品でした。/「人生の分岐点において、少しでもよさそうな選択肢を選び続けていくことが誠実な生き方」「人は何かと比べるといつも錯覚するからむやみに他人と比べないほうがいい」「生まれて来てくれて、ありがとう」。いい言葉ですね。 …続きを読む
    まちゃ
    2016年04月17日
    241人がナイス!しています
  • 図書館でたまたま目に留まり借りて読んだ本だったが、期せずして素敵な物語だった。森沢小説でベストかも。しかしながら、タイトルの真意だけはいくら考えても分からず、もどかしい。 図書館でたまたま目に留まり借りて読んだ本だったが、期せずして素敵な物語だった。森沢小説でベストかも。しかしながら、タイトルの真意だけはいくら考えても分からず、もどかしい。
    takaC
    2012年06月18日
    228人がナイス!しています
  • 偶然というものは、どこにもない。あるのは、必然だけなのだ。人と人との出会いも、たどり着いた場所も、共有した出来事も、何ひとつとして、気まぐれで起きたものなどない。だから、その大切な出会いを、どれだけ大 偶然というものは、どこにもない。あるのは、必然だけなのだ。人と人との出会いも、たどり着いた場所も、共有した出来事も、何ひとつとして、気まぐれで起きたものなどない。だから、その大切な出会いを、どれだけ大切にかつ丁寧に扱うかで、人生の大半は決まってしまうといっても過言ではない。大切な人には、会えるときに会う…ただ、それだけのことをしていれば、人生に悔いなど生まれないのかもしれない。感傷的な気分にはなるけどこの感じは嫌いではない。むしろ、忘れてはいけない感覚なような気がする。きっと、慎吾も夏美も忘れないはずだ。 …続きを読む
    masa@レビューお休み中
    2014年02月17日
    219人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品