過ぎ去りし王国の城

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月24日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041028360

過ぎ去りし王国の城

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月24日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041028360

今を生きるすべての人にあたたかなエールを贈る、エンタメ渾身作!

ネグレクト、スクールカースト、孤独や失意…気まぐれな悪意と暴力、蔑みと無関心に凍りつく心。震える魂が共鳴するとき、かつて誰も見たことのない世界が立ち現れて――現代の闇と光をあぶり出すエンタメ渾身作!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『過ぎ去りし王国の城』 イメージビデオ


「過ぎ去りし王国の城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部みゆきはほとんどの作品を読んでいる作家の一人です。読み出しは快調で一気に読んでしまったのですが、宮部みゆきにしてはページ数が少ないせいか、色々なテーマを盛り込んだせいかわかりませんが、平凡な作品に 宮部みゆきはほとんどの作品を読んでいる作家の一人です。読み出しは快調で一気に読んでしまったのですが、宮部みゆきにしてはページ数が少ないせいか、色々なテーマを盛り込んだせいかわかりませんが、平凡な作品になった感がします。表紙もタイトルも良い感じに仕上がっているので少し残念です。 …続きを読む
    starbro
    2015年05月07日
    617人がナイス!しています
  • 読み始めてすぐ、主人公が子供で、ちょっと引いたw 子供を主人公にした作品は数多くあるが、その多くがありえねぇ的な活躍で、あまり好みではない、マンガならまだしも・・・というのが私の思い。が、思った以上に 読み始めてすぐ、主人公が子供で、ちょっと引いたw 子供を主人公にした作品は数多くあるが、その多くがありえねぇ的な活躍で、あまり好みではない、マンガならまだしも・・・というのが私の思い。が、思った以上にフツウの中学生で、ファンタジー設定も私好みであった。後半の真はウザっ!であったが、実際の中坊もこんなものだなと逆に、きっちりとした設定であるということでがまんwこのフシギなファンタジーは、トゥットゥルー♪とSTEINS;GATEのアニメが頭にwでも、いい感じの予定調和でのエンディングだな。再読ありの作品。 …続きを読む
    どんちん
    2016年10月20日
    415人がナイス!しています
  • 実は宮部さんの作品を読み切ったのはこれが初めて。去年の誕生日に友人から貰った一冊。読んでみるとそれこそお城にぐいぐい引き込まれる感じで、一緒にハラハラして、しんどい!って思って、でも変わりたい!って思 実は宮部さんの作品を読み切ったのはこれが初めて。去年の誕生日に友人から貰った一冊。読んでみるとそれこそお城にぐいぐい引き込まれる感じで、一緒にハラハラして、しんどい!って思って、でも変わりたい!って思えた。現代の闇も、光も、見せてもらった。すごいなこの作品。 …続きを読む
    菅原孝標女@ナイスありがとうございます
    2019年04月20日
    383人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

宮部 みゆき(みやべ・みゆき)

1960年東京生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。
92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、同年に『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、99年『理由』で直木賞を受賞。
その他『模倣犯』『ブレイブ・ストーリー』『ソロモンの偽証』『悲嘆の門』『荒神』『この世の春』『あやかし草紙』など著書多数。角川文庫では『おそろし』『あんじゅう』『泣き童子』などの、ライフワークとも言える江戸怪談の「三島屋」シリーズを展開中。

最近チェックした商品