百年法 下

2013年 第66回 日本推理作家協会賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041027103

2013年 第66回 日本推理作家協会賞

百年法 下

  • 著者 山田 宗樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041027103

百年目の死の強制を迎えた日本人の選択が、衝撃の結末を導く!

自ら選んだ人生の結末が目の前に迫ったとき、忘れかけていた生の実感と死の恐怖が、人々を襲う。〈生存制限法〉により、百年目の死に向き合うことになった日本人の選択と覚悟の結末は――!?


おすすめコメント

凄いぞ。面白いぞ。読み始めたら途中でやめることは絶対にできない。もう一気読みである。
――北上次郎(文芸評論家)

やっぱり人間を信じよう。そう素直に思えるラストに感動した。
――瀧井朝世(ライター)

これは我々の進むべき道を示した、エンターテインメントという啓示だ。
――貴志祐介(作家)

100年きりの命なんて!僕なら死から永遠に逃げます。そうでしょう?
――えすのサカエ(『未来日記』漫画家)

今世紀の「悪夢」の先に見えるのは、地獄か、光か――
人類、必読。
――大野更紗(作家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

第66回日本推理作家協会賞受賞!


『百年法』テレビCM+ラジオドラマ


「百年法 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻に入って更にテンポが良くなったように感じる・・・内容が濃密で飽きさせない 展開になっていたからだろう。登場人物の視点が変わりながら、日本共和国と様々 な人々の悲哀を描いていて、楽しみながら一緒に考 下巻に入って更にテンポが良くなったように感じる・・・内容が濃密で飽きさせない 展開になっていたからだろう。登場人物の視点が変わりながら、日本共和国と様々 な人々の悲哀を描いていて、楽しみながら一緒に考えさせられた。山田さんが初期 作からテーマにしている「生」をSFの形にした快作だと思う。(遊佐、牛島、立花の 3人のシーンをもう少し描いて欲しかったが) そして、ラストシーンの演説の一節「虚無主義を気取る余裕があるなら、一歩でも 前に踏み出してほしい」は白けた現代人への熱いメッセージに大きく頷いた。 …続きを読む
    しんたろー
    2016年10月16日
    180人がナイス!しています
  • 結末はスッキリしたものだった。最後は、想像の範囲内で、読後感は爽快。やはり人間は「死」とともに生きるということ。限られた時間でどう生きるべきか考える機会を与えてくれる一冊。みんなが不老になれるという奇 結末はスッキリしたものだった。最後は、想像の範囲内で、読後感は爽快。やはり人間は「死」とともに生きるということ。限られた時間でどう生きるべきか考える機会を与えてくれる一冊。みんなが不老になれるという奇抜な設定をきちんとまとめる山田さんは、凄い。じっくり描かれた世界観と怒涛の展開。意表を突く発動。人間性と未来への期待の回復。人間の選択の尊さに歓びを禁じ得なかった。 …続きを読む
    にいにい
    2015年04月13日
    158人がナイス!しています
  • 後半は時代が過ぎ、蘭子とミチオの子供であるケンが中心となり話が進む。新百年法が制定される中で百年を過ぎても生き延びる手段を選んだ拒否村の対応問題や独裁的になった大統領へのクーデター。そんな中にじわじわ 後半は時代が過ぎ、蘭子とミチオの子供であるケンが中心となり話が進む。新百年法が制定される中で百年を過ぎても生き延びる手段を選んだ拒否村の対応問題や独裁的になった大統領へのクーデター。そんな中にじわじわと近寄るSMOCと言うガン。物語全体の設定が確率されてあるため、色々な問題があっても混乱せずに読める。また登場する人物の一人一人が主人公的な立場で描かれているので分かりやすい。設定があやふやだと、読んでても悩んで後戻りするのだが、この作品はスムーズに読めて、しかもテンポが良く、あっという間に読んでしまった。 …続きを読む
    ハサウェイ
    2015年11月28日
    151人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

この作品はすごく衝撃だった。感動、驚きというよりも読んでいてとても怖かった。決してこれがフィクションだと思えない。400頁にも及ぶ長編だったが息つく暇もなく一気に読んでしまった。夜も徹するくらい夢中になってしまった本に久しぶりに出会いました。(ぶらっくほーるさん)

サスペンスともSFとも違うこの作品。登場人物への感情移入がしやすく、よりリアルに作品を感じることが出来ました。ラストスパートのかけかたは圧巻です。あくまでも「リアル」に。あくまでも「人間らしく」。命の意味と人間の人生について深く考えさせられました。(ふくちゃんさん)

この小説にはとにかく考えさせられた。自分だったらどうするのか、HAVIを受けるのか受けないのか、百年法に従って死ぬのか、拒否者となるのか。この小説の中にも、様々な選択をする人がいたが、そのどれもに理由があり、その理由もすごく分かるなと思った。正解も、不正解もない問題なのだろう、と。(はてなっちさん)

著者紹介

山田 宗樹(やまだ・ むねき)

1965年愛知県生まれ。筑波大学大学院修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事。その後『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。
2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ヒット作となる。
2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテッド』など。

最近チェックした商品