2013年 第66回 日本推理作家協会賞

角川文庫

百年法 下

百年目の死の強制を迎えた日本人の選択が、衝撃の結末を導く!

  • 著者 山田 宗樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041027103
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

2013年 第66回 日本推理作家協会賞

角川文庫

百年法 下

百年目の死の強制を迎えた日本人の選択が、衝撃の結末を導く!

  • 著者 山田 宗樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041027103

百年目の死の強制を迎えた日本人の選択が、衝撃の結末を導く!

自ら選んだ人生の結末が目の前に迫ったとき、忘れかけていた生の実感と死の恐怖が、人々を襲う。〈生存制限法〉により、百年目の死に向き合うことになった日本人の選択と覚悟の結末は――!?

おすすめコメント

凄いぞ。面白いぞ。読み始めたら途中でやめることは絶対にできない。もう一気読みである。
――北上次郎(文芸評論家)

やっぱり人間を信じよう。そう素直に思えるラストに感動した。
――瀧井朝世(ライター)

これは我々の進むべき道を示した、エンターテインメントという啓示だ。
――貴志祐介(作家)

100年きりの命なんて!僕なら死から永遠に逃げます。そうでしょう?
――えすのサカエ(『未来日記』漫画家)

今世紀の「悪夢」の先に見えるのは、地獄か、光か――
人類、必読。
――大野更紗(作家)

トピックス

プロモーションムービー

第66回日本推理作家協会賞受賞!


『百年法』テレビCM+ラジオドラマ


著者紹介

山田 宗樹(やまだ・ むねき)

1965年愛知県生まれ。
筑波大学大学院修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事。
その後『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。
2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ヒット作となる。
2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテッド』など。

最近チェックした商品