太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041027004

太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編

  • 著者 門田 隆将
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041027004

全国を訪ね歩き、集めた、90歳を越える元戦士たちの「遺言」

終戦時、19歳から33歳だった大正生まれの若者は、「7人に1人」が太平洋戦争で戦死した。九死に一生を得て生還した兵士たちは、あの戦争をどう受け止め、自分の運命をどう捉えていたのか。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 太平洋戦争は大正生まれの若者達を中心とした戦争であった。本書は奇跡的に生還を果たした兵士達に話を聴く内容である。1巻は零戦と特攻が内容の中心をしめる。思った事は大きく3つ。一つは緒戦の圧勝による軍幹部 太平洋戦争は大正生まれの若者達を中心とした戦争であった。本書は奇跡的に生還を果たした兵士達に話を聴く内容である。1巻は零戦と特攻が内容の中心をしめる。思った事は大きく3つ。一つは緒戦の圧勝による軍幹部の驕り。もう一つは絶対国防圏か破られた段階で講和できたかという事。これは相手国のある事なので不透明。最後は生き延びた軍幹部の戦後の出世。死んでこいと若者を送り出し、自身は戦後も立身出世を果たす。こんな事が許されるものではない。 …続きを読む
    yoshida
    2015年06月25日
    96人がナイス!しています
  • 特攻隊の事は、いろんな本やテレビ番組などで知る機会はあったけど、真の声だったのだろうか。決して綺麗事や美談ばかりではない。元兵士の体験、さまざまな思いを呑み込んで死んでいった戦友たちになり変わって証言 特攻隊の事は、いろんな本やテレビ番組などで知る機会はあったけど、真の声だったのだろうか。決して綺麗事や美談ばかりではない。元兵士の体験、さまざまな思いを呑み込んで死んでいった戦友たちになり変わって証言した老兵たちの真実に、読み知る価値大だと思う。 …続きを読む
    Hiroko
    2018年06月27日
    8人がナイス!しています
  • 意図的に特攻編を最後に読んでみた。祖国が戦い敗れようとする時に若者が身を挺するのは当たり前だが、国には国民の死を求めるのに節度がある。本質は国の無謀な狂気たる特攻戦術は、日本の歴史に残した汚点である。 意図的に特攻編を最後に読んでみた。祖国が戦い敗れようとする時に若者が身を挺するのは当たり前だが、国には国民の死を求めるのに節度がある。本質は国の無謀な狂気たる特攻戦術は、日本の歴史に残した汚点である。【100万頁メモリー本】 …続きを読む
    Admiral2009
    2016年04月01日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品