こめかみ草紙 歪み

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041024379

こめかみ草紙 歪み

  • 著者 平山 夢明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041024379

幽霊でも、人間でもない。本当に恐ろしいモノはコメカミの間に宿る。

金子さんが勉強に励んでいると自分に似た人影がよぎった。彼女が勉強に集中できなくなる度、それは決まって現れる。ある日、鏡を覗くと頭の横から自分を見つめる顔が――。脳髄を揺さぶる戦慄の怪談実話、第二弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「こめかみ草紙 歪み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怖い。スプラッター系やモンスター系、心霊系でも長編で、設定が自分の日常生活とかけ離れたものは虚構が明確であり、関係のない世界で「ホラー」としてのエンターテイメントの一つとなり楽しめる。要は他人事だから 怖い。スプラッター系やモンスター系、心霊系でも長編で、設定が自分の日常生活とかけ離れたものは虚構が明確であり、関係のない世界で「ホラー」としてのエンターテイメントの一つとなり楽しめる。要は他人事だから。しかし、出来事や現象のみを語る短い体験談の体が、私にはこの世で最も怖い。正体やメカニズムがわからないものや起こり得るものを語る言葉は私の中で同様の存在を創造する。出来上がった存在は私の頭の中で気配を創りぞわぞわと脅やかす。人によりツボが違うのだろうが、これが自分のリアルな恐怖なのだ。この本は、その極み。 …続きを読む
    ももっち
    2016年12月20日
    50人がナイス!しています
  • 人間の怖さを書いた「東京伝説」、霊的な怖さを書いた「怖い本」に対し、よくわからないものを書いた「こめかみ草紙」シリーズ。前作と比べると線引きがあいまいになっている気がするけど、それでも面白かった。 人間の怖さを書いた「東京伝説」、霊的な怖さを書いた「怖い本」に対し、よくわからないものを書いた「こめかみ草紙」シリーズ。前作と比べると線引きがあいまいになっている気がするけど、それでも面白かった。
    じゅんぢ
    2018年09月26日
    40人がナイス!しています
  • 叩き潰したダゴバチ=雀蜂の尻が瞼にhit!→寝込んで幽体離脱的なことに→チャンネーの乳揉んだったと喜んでたら……ゾッー。何話かは文庫オリジナル!?特に、最後の5話は確実に追加されている。 叩き潰したダゴバチ=雀蜂の尻が瞼にhit!→寝込んで幽体離脱的なことに→チャンネーの乳揉んだったと喜んでたら……ゾッー。何話かは文庫オリジナル!?特に、最後の5話は確実に追加されている。
    グレ
    2016年09月22日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品