或るろくでなしの死

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048739870

或るろくでなしの死

  • 著者 平山 夢明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048739870

その一線を、超えるべし。狂気の淵にたたずみ惑う人間たちの”その瞬間”。

震えながら、戦きながら、そうとは知らずに……7人の人間たちが迎えた、決定的な“死の瞬間”。異能・平山夢明が魅せる狂気の淵に、決して飲み込まれるな! 驚愕の傑作短編集。


おすすめコメント

なまぬるい
世の中に毒を。
やっぱり平山さんは
僕たちのヒーローです。
──道尾秀介氏

ごめんなさい、
ごめんなさい、
ごめんなさい。
平山さんを読むと、
なにかに謝りたくなる。
泣くほどに。
──辻村深月氏

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「或るろくでなしの死」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「或るろくでなしの死」はダイナーと世界観が地続きな感じがした。あと「或る愛情の死」はイイ。子供を描くといいんだよなぁ。 「或るろくでなしの死」はダイナーと世界観が地続きな感じがした。あと「或る愛情の死」はイイ。子供を描くといいんだよなぁ。
    澤水月
    2012年01月24日
    73人がナイス!しています
  • 死をテーマにした、題名の通り、様々なろくでなしの末路や挙句を描いた短編集でした。悲惨、陰惨、酷薄なんていう言葉を並べたくなるような、本当に低俗で卑猥卑小な人物の死に方であったり、ただただ理不尽が描かれ 死をテーマにした、題名の通り、様々なろくでなしの末路や挙句を描いた短編集でした。悲惨、陰惨、酷薄なんていう言葉を並べたくなるような、本当に低俗で卑猥卑小な人物の死に方であったり、ただただ理不尽が描かれているだけであったり、もう一度読みたいと思えない物語ばかりなのに、ひきつけられてしまう。爽快感からは程遠い、ストレスがたまるような内容なのに、どこか滑稽にも思えて読み進められてしまうのでした。 …続きを読む
    R
    2017年10月18日
    69人がナイス!しています
  • 本友さんのレビューに体調の悪い時には読まないようにと書かれていたのは本当に的確なアドバイスであったと思う。 どの話も読んでいるうちに息苦しくなってくる。 途中やめようかと思ったけれど、短編だったのでな 本友さんのレビューに体調の悪い時には読まないようにと書かれていたのは本当に的確なアドバイスであったと思う。 どの話も読んでいるうちに息苦しくなってくる。 途中やめようかと思ったけれど、短編だったのでなんとか読めました。 …続きを読む
    14番目の月
    2017年06月28日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

七つの短編すべてに平山夢明の持ち味がにじみ出ている。奇妙な登場人物と歪んだ話。適度なグロと破天荒な展開。少し軽めだけど、どんどん読まされる。七つの物語すべてに究極の終結が描かれており、それは死そのものであったり死に値する出来事であったりする。まさにそれは究極の地獄。おぞましい。(ベックさん)

気味が悪い、気持ち悪いなのに目がそらせない。ページを捲るたびに身を竦めながら怖いもの見たさで読み進めてしまう…。幽霊や怪奇現象のようなホラーではなくて、人間の無関心や虚無感の中に巣食った狂気を描く、そんな話でした。(くりあゆさん)

思わず、口元を手で押さえてしまった。なんてことはない、というように繰り広げられる行為はひたすらに残酷で悲惨。読んでいる間、何度も逃げ出したくなったけれど彼らにどうしても希望を見いだそうとしてページをめくり続けた。(春穂さん)

著者紹介

平山夢明(ひらやま・ゆめあき)

1961年神奈川県生まれ。93年よりライターとして活躍。94年にノンフィクション『異常快楽殺人』を発表、注目を集める。
96年『SINKER 沈むもの』で小説家としてもデビュー。2006年「独白するユニバーサル横メルカトル」で日本推理作家協会賞を受賞。10年『ダイナー』で大藪春彦賞、日本冒険小説協会大賞を受賞、吉川英治文学新人賞の最終候補にもなった。
本作は受賞後第1作にして、2年ぶりの新作小説となる。他の著作に『ミサイルマン』『他人事』など。

最近チェックした商品