カサンドラ

絶海の船上で繰り広げられる、男たちの熱き闘い!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041023419

カサンドラ

絶海の船上で繰り広げられる、男たちの熱き闘い!

  • 著者 桑原 水菜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041023419

絶海の船上で繰り広げられる、男たちの熱き闘い!

昭和28年。一隻の豪華客船が横浜を出航する。大臣の護衛として乗船した入江秀作は、周囲の様子に目を光らせていた。そう、入江の真の任務は機密情報流出の阻止と、それを持ち出した者の抹殺、だった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カサンドラ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お初の作家さん。帯に惹かれて・・がーん!字が小さいし上下二段かぁ。誰が誰の指示でどう動いてるのか。そしての裏切り合戦に私の脳はアップアップ。おまけに原爆?水爆?オー!ノー!だがしかし、読み切ったのだ。 お初の作家さん。帯に惹かれて・・がーん!字が小さいし上下二段かぁ。誰が誰の指示でどう動いてるのか。そしての裏切り合戦に私の脳はアップアップ。おまけに原爆?水爆?オー!ノー!だがしかし、読み切ったのだ。しかも面白く。亡き父の影響かシベリア抑留・レッド・パージと来たら途中でリタイアは出来ない。ここまで洗脳やら復讐の為の船ごと特攻には引いてしまうが、哀しいかなあり得たかとも思った。核が、報復にならないための抑止力だと?世界の偉い人の言いそうな嘘っぱちの言葉だ!自分を庇って死んだ友の魂が故郷長崎で安らかであれ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年01月26日
    95人がナイス!しています
  • 豪華客船で繰り広げられる諜報合戦。アメリカ、ソ連、日本それぞれの思惑が絡み合い、ドンデン返しの連続。疑心暗鬼に苛まれ、敵味方の判別がどんどんできなくなっていく。読み応えたっぷりの一冊でした。戦争に翻弄 豪華客船で繰り広げられる諜報合戦。アメリカ、ソ連、日本それぞれの思惑が絡み合い、ドンデン返しの連続。疑心暗鬼に苛まれ、敵味方の判別がどんどんできなくなっていく。読み応えたっぷりの一冊でした。戦争に翻弄され、終戦後も戦争の傷跡が深く残る彼らを思うと胸が詰まる。ラストの蓮の花が素敵でした。 …続きを読む
    coco
    2016年04月15日
    34人がナイス!しています
  • 題名が「カサンドラ」ですが、内容的には「プロメテウス」の方が合うと思います。技術を希望にも絶望にもできるのは人間次第。だけどチェルノブイリやイラク戦争、東日本大震災の後、人々が苦悩を味わったことを思う 題名が「カサンドラ」ですが、内容的には「プロメテウス」の方が合うと思います。技術を希望にも絶望にもできるのは人間次第。だけどチェルノブイリやイラク戦争、東日本大震災の後、人々が苦悩を味わったことを思うと希望に受け取れない自分がいるのも確かです。特に磯野さんの広島・長崎への原爆投下した挙句に患者を被爆したらどうなるかの経過を観ただけに過ぎないGHQへの怒りはNHKで放送された被爆者の証言を見ていただけに胸が詰まります。そして米国の捕虜となった挙句、被爆の被験者になるしかなかった松崎船長達の誇りも否定できない …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2015年12月21日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品