遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041082980

遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印

  • 著者 桑原 水菜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041082980

今回の舞台は高知! 天才発掘師・無量の活躍を描くシリーズ第10弾!

天才・西原無量が所属する亀石発掘派遣事務所の所長・亀石の元に「庭から銅印が出た」と相談の連絡が入る。
どうやら「出ては困るもの」らしく、無量と萌絵が極秘で高知へ向かうこととなった。
銅印を確認すると、なんとそこには「天皇御璽」と施されていて──。
果たして御璽は本物なのか、それとも偽物なのか……。因縁の渦に巻き込まれていく。
歴史に秘められた真実がまた一つ明らかになる、文庫書き下ろし、シリーズ第10弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第10弾。今回の舞台は高知! シリーズ第10弾。今回の舞台は高知!
    enana
    2019年09月01日
    60人がナイス!しています
  • 亀石発掘派遣事務所の所長・亀石の元に知人から「庭から銅印が出た」と相談の連絡が入り、無量と萌絵が極秘で高知へ向かう第十弾。このシリーズは各地のネタを絡めた諸国漫遊記的なノリが楽しみで、今回は萌絵の地元 亀石発掘派遣事務所の所長・亀石の元に知人から「庭から銅印が出た」と相談の連絡が入り、無量と萌絵が極秘で高知へ向かう第十弾。このシリーズは各地のネタを絡めた諸国漫遊記的なノリが楽しみで、今回は萌絵の地元でもあった高知の幕末・土佐勤王党、平家の落人伝説や安徳天皇を巡る御璽を絡めた展開。急接近する元同級生のイケメン・桜間登場にちょっとドキッとする萌絵にモヤモヤする無量には苦笑いでしたけど、過去の取り憑かれた人々の妄執とロマンを絡めた展開はなかなか良かったです。忍の去就も気になるけど、彼も今後絡んできそうですね。 …続きを読む
    よっち
    2019年10月03日
    44人がナイス!しています
  • 今回の舞台は高知。幕末かと思ったら平安末期まで遡るとは壮大な話でした。末裔の人たちが多すぎて混乱しながら読んでました。皇統復活なんて与太話ではなく、現実的な土地問題が動機というのも納得しやすかった。ラ 今回の舞台は高知。幕末かと思ったら平安末期まで遡るとは壮大な話でした。末裔の人たちが多すぎて混乱しながら読んでました。皇統復活なんて与太話ではなく、現実的な土地問題が動機というのも納得しやすかった。ラスト忍くんが外されているけど、大丈夫なんだろうか?そしてUSAは何をさせようとしてるんだろう? …続きを読む
    きょん
    2019年09月09日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品