牛家 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年11月22日
商品形態:
電子書籍

牛家

  • 著者 岩城 裕明
発売日:
2014年11月22日
商品形態:
電子書籍

ゴミ屋敷、なめんな!――選考委員をうならせた日本ホラー小説大賞衝撃の佳作!

あるゴミ屋敷の清掃をすることになった特殊清掃員。期間は二日間。作業は順調に進んでいたが……いてはいけないもの、片付けられない部屋、様相を変え続ける内装……これは現実なのか、それとも……!?

※この作品は、第二十一回日本ホラー小説大賞佳作となった「牛家」に、書き下ろし作品「瓶人」を加え、文庫化したものが底本になります。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「牛家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まだ38歳(2022年)というお若さのホラー作家・岩城裕明さんの日本ホラー小説大賞の佳作受賞作「牛家(うしいえ)」に書き下ろし1編を加えた中編集ですね。著者は既にデビューされていて本書の前に2冊を書か まだ38歳(2022年)というお若さのホラー作家・岩城裕明さんの日本ホラー小説大賞の佳作受賞作「牛家(うしいえ)」に書き下ろし1編を加えた中編集ですね。著者は既にデビューされていて本書の前に2冊を書かれていますね。『牛家』はゴミ屋敷を舞台にして不条理な世界が展開するグロテスクな血みどろホラーで完全には理解できませんがおぞましい悪夢の如き雰囲気を楽しめばよいでしょう。『甕人(かめびと)』は人を襲わないゾンビを父に持つ少年の物語で祖父の発明により父が不死者となりますが離婚した母の再婚相手が最悪の男なのでした。 …続きを読む
    夢追人009
    2022年02月15日
    289人がナイス!しています
  • ゴミ屋敷で起こる怪異が、いつか不条理SFみたいに捩れていくホラー大賞受賞の表題作も不気味で良かったけれど、もう1つの【瓶人】併読していた【三丁目の地獄工場】所収の【女瓶】の「その後」なんだね!「和風ゾ ゴミ屋敷で起こる怪異が、いつか不条理SFみたいに捩れていくホラー大賞受賞の表題作も不気味で良かったけれど、もう1つの【瓶人】併読していた【三丁目の地獄工場】所収の【女瓶】の「その後」なんだね!「和風ゾンビ」といった体の「瓶人」その製造法、特性、メンテナンス、グロテスクなのに、どこか可笑しみと哀しさが感じられる。だが、【女瓶】のサエコの末路と、主人公がぼそっと呟くラスト3行にはぞぞっとしてしまう。 …続きを読む
    みっちゃん
    2018年11月19日
    145人がナイス!しています
  • 日本ホラー大賞佳作の表題作、特殊清掃員の主人公はゴミ屋敷の清掃に行くが、そこは異次元の世界…現実なのか幻なのか、狂気の世界に引き込まれながらもなぜかそこに馴染んでしまう主人公、そして彼の病んだ妻。不条 日本ホラー大賞佳作の表題作、特殊清掃員の主人公はゴミ屋敷の清掃に行くが、そこは異次元の世界…現実なのか幻なのか、狂気の世界に引き込まれながらもなぜかそこに馴染んでしまう主人公、そして彼の病んだ妻。不条理という言葉がぴったりの作品。もう一作の「瓶人」は、死んだ人を瓶の中に入れ果物と水で三日間浸けておくとできるゾンビ。メンテナンスも大変だが、「主人」のために甦る。純粋な家族愛を描き、ホラーなのに思いがけず感動した。 …続きを読む
    モルク
    2018年10月02日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品