ドラマ化作品

角川文庫

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041020517
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ドラマ化作品

角川文庫

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

  • 著者 中山 七里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041020517

「どんでん返しの帝王」が放つ、衝撃の社会派ミステリ!

臓器が奇麗にくり抜かれた遺体が発見された。やがてテレビ局に犯人から声明文が届く。いったい犯人の狙いは何か。さらに第二の事件が起こり・・・・・・。警視庁捜査一課の犬養が捜査に乗り出す!


おすすめコメント

ジャックをめぐる様々な犯人説を逆手に取って現代医療に切り込む大胆な手口と驚愕の決め技。中山七里こそ日本のミステリー界を震撼させる “ 切り裂き魔” にほかならない。
――香山二三郎氏(書評家)

日本エンタメ界が誇る”どんでん返しの帝王”がまたやった!ラスト30ページに刮目せよ。
――大森望氏(書評家)

科学の進歩や社会の変革が新たなタイプの犯罪者を作り上げる。19世紀末のロンドンに生まれた切り裂きジャックもこの時代には21世紀型に生まれ変わるのだ。見よ、恐るべきチューンアップを。
――杉江松恋氏(書評家)

素晴らしい傑作ミステリだ。だがそれだけでなく、広く社会に問題を提起する作品としても超一級品である。
――永江朗氏(書評家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

著者 中山七里さんインタビュー


「切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • カエル男殺人事件の時は、刑法第39条の問題提起だったが、今回は臓器移植の問題提起。カエル男殺人事件の古手川刑事が再登場!事件の捜査でいかに犯人を追い詰めていくかがミステリーの醍醐味と言えるが、この小説 カエル男殺人事件の時は、刑法第39条の問題提起だったが、今回は臓器移植の問題提起。カエル男殺人事件の古手川刑事が再登場!事件の捜査でいかに犯人を追い詰めていくかがミステリーの醍醐味と言えるが、この小説では臓器移植の法律や運用における課題について今回知ることができた。様々な意見があり、それぞれ納得する部分もあり、ドナーやレシピアント、その家族の悩みは計り知れないと思う。臓器移植に懐疑的になりつつあったが、最後の本来なら許されないドナーの家族とレシピアントのふれあいに涙が溢れた。このように両者がが幸せになれれ …続きを読む
    SJW
    2017年11月14日
    290人がナイス!しています
  • 【彼女の臓器は軽かった(ジャック)】殺害した犠牲者から臓器を根刮ぎ奪う現代に再臨した切り裂きジャックに刑事犬養が挑む!ただのPSYCHO-PASSな犯行かと思いきや、マスコミや匿名の悪意、臓器移植の問 【彼女の臓器は軽かった(ジャック)】殺害した犠牲者から臓器を根刮ぎ奪う現代に再臨した切り裂きジャックに刑事犬養が挑む!ただのPSYCHO-PASSな犯行かと思いきや、マスコミや匿名の悪意、臓器移植の問題なども絡んできてテーマが壮大になっていくのが面白かったです。被害者に共通していることが早々に分かるのですが、犯人の目的が明確にならない不気味さや死体の手際の良い解体作業から医療関係者もしくはドナー関係者が怪しいと考えながら読む楽しさも良かったです。臓器移植って本当に色々な問題を抱えてるんですねえ。 …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー(カギ爪の男)
    2019年05月19日
    276人がナイス!しています
  • 初読み犬養刑事シリーズ第1作。警察署の目と鼻の先で臓器が全てくり抜かれた遺体が発見され、さらに続けて同様の二人目の犠牲者も。臓器移植に絡んだ猟奇事件。犬養刑事と古手川刑事の絡みが楽しめた。また臓器移植 初読み犬養刑事シリーズ第1作。警察署の目と鼻の先で臓器が全てくり抜かれた遺体が発見され、さらに続けて同様の二人目の犠牲者も。臓器移植に絡んだ猟奇事件。犬養刑事と古手川刑事の絡みが楽しめた。また臓器移植推進派の医師と僧侶それぞれの、臓器移植に対する捉え方、生命の倫理観が興味深かった。総体的には面白く読めたが、犯行の動機がちょっと不明瞭でした。 …続きを読む
    つるちゃん0719
    2018年07月02日
    209人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

残虐な事件の背景や真相に迫るうちに、誰かが誰かを思いやる気持ち、愛する感情が溢れんばかりににじみ出てくる、ミステリーでありながら家族愛、夫婦愛、親子愛を問う作品でした。この小説はとにかく、最初から最後まで場面場面での情景と登場人物の描写が上手で、飽きない作品でした。(ルルさん)

最初は猟奇的で、センセーションな場面が続き、ミステリーとしてテンポ良く進んでいく感じでした。ストーリーが進むにつれ、臓器移植について様々な立場からの視点や見解が描かれるようにもなり、心情的な部分で色々考えさせられるようになりました。(ちぃちぃさん)

連続する猟奇事件、その状況を想像するとぞっとするような描写があるにも関わらず、展開の面白さに一気に読んでしまいまいた。犯人は早い段階で候補が絞られるのですが、そんなはずはない、でも他に容疑者が思い当たらない・・・という状態のまま終盤を迎え、最後に本当にどんでん返しが待っていました。(N子さん)

著者紹介

中山 七里(なかやま しちり)

1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。同作は映画化もされ、「岬洋介シリーズ」として『おやすみラフマニノフ』『いつまでもショパン』と続きベストセラーとなる。その他の著書に『連続殺人鬼カエル男』『贖罪の奏鳴曲』『静おばあちゃんにおまかせ』『ヒートアップ』『スタート!』『追憶の夜想曲』『アポロンの嘲笑』『テミスの剣』『月光のスティグマ』『嗤う淑女』などがある。

最近チェックした商品