戦って候 不屈の武将・山上道牛

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041018361

戦って候 不屈の武将・山上道牛

  • 著者 近衛 龍春
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041018361

前田慶次郎と共に戦った、戦国の武者の知られざる熱き生涯。

1556年秋、山上城城主の山上氏秀は、関東を席巻する北条軍に城を包囲されていた。近隣諸侯に援軍を求めるも、北条を怖れて二の足を踏む事態に、氏秀は徹底抗戦を余儀なくされる。武勇で鳴らす氏秀の活躍も空しく、城は陥落寸前。重臣たちの説得により降伏を選択した氏秀は、北条氏康により領地追放となる。城を失った城主……己にできることは北条と戦うのみ。出家し、山上道牛となった男は、北条に敵対する佐野家を頼り、新たな戦場を求めるが──。
北条、上杉と戦い、織田信長、豊臣秀吉に仕えた猛将は、戦国の世でついに天下の傾き者・前田慶次郎と出会う。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「戦って候 不屈の武将・山上道牛」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山上道牛は花の慶次を読んでから探していたので迷わず購入しました。道牛と従者の吉蔵は北条に山上城を奪われ佐野家に仕官して北条との戦いに明け暮れる。二人のコンビはまるでドンキホーテとサンチョみたいに軽快な 山上道牛は花の慶次を読んでから探していたので迷わず購入しました。道牛と従者の吉蔵は北条に山上城を奪われ佐野家に仕官して北条との戦いに明け暮れる。二人のコンビはまるでドンキホーテとサンチョみたいに軽快なやり取りで和ませてくれます。佐野家は上杉と北条と戦いますが常に劣勢で道牛の活躍もかいなく付いたり離れたり、弱小国衆の切なさが伝わってきます。前田慶次郎と出会ってからは関東は戦乱に明け暮れ、互いに首の数を競うライバルとなり良き戦友になり上杉でも一緒に奮戦する。花の慶次そのまんまで面白く読めました。 …続きを読む
    スー
    2016年10月16日
    7人がナイス!しています
  • ★★★☆☆戦国時代の武将で、佐野家の家臣・山上氏秀(道牛)を描いた小説。道牛や道牛最初に仕えた佐野家のことをほとんど知らなかったからなのか、今一つ入り込むことが出来なかった。上杉と北条の狭間で両家を行 ★★★☆☆戦国時代の武将で、佐野家の家臣・山上氏秀(道牛)を描いた小説。道牛や道牛最初に仕えた佐野家のことをほとんど知らなかったからなのか、今一つ入り込むことが出来なかった。上杉と北条の狭間で両家を行ったり来たりしなくてはならない当時の北関東の国人領主達の苦労は伝わってきた。この辺りのところを上杉寄りでもなく、北条寄りでもなくうま~く書くところはさすが近衛さんの本なのかな。最終場面の慶長・出羽合戦での前田慶次郎と道牛が良かった、小説ならではの面白さ。 …続きを読む
    Ryuji
    2017年09月16日
    5人がナイス!しています
  • 戦うだけの人生のようだなあ。最後は最上と壮絶な戦いの中で死んでいって、本望だろうな。 逆に言えば、戦う事しか能のなかった専門家なんだろう。 もう少し生き方を選べば、歴史に残る武将だったのかもしれない。 戦うだけの人生のようだなあ。最後は最上と壮絶な戦いの中で死んでいって、本望だろうな。 逆に言えば、戦う事しか能のなかった専門家なんだろう。 もう少し生き方を選べば、歴史に残る武将だったのかもしれない。なまじ、佐野藩への忠誠があったから、今一つ有名になれなかったのだろう。 途中、信長にも秀吉にも仕えたようだけど、そこで抜擢されていないのは、アピール不足なのか、周りに恵まれなかったのか、その程度の能力だったのか。 うまくまとまっているけど、どうしても花の慶次に引っ張られて、最後だけで良かったかな、と思ったり。 …続きを読む
    くらーく
    2018年01月13日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品