寄居虫女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041018347

寄居虫女

  • 著者 櫛木 理宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041018347

「あの事件」を想起させる、戦慄のミステリー!

その女を、入れてはいけない。入れれば最後、家はたちまち食い尽くされる。その先に待つのは凄絶な……家族同士の「共食い」だ。平凡な家庭、皆川家にやってきた白塗りの女、山口葉月。恐怖の日々が、今始まる。

人物相関図


おすすめコメント

不気味で妙に生温かく、限りなくおぞましい。巣を乗っ取られ、幼虫を食い尽くされる雀蜂の悲哀を思う。これに比べれば、サイコホラーは爽やかだろう。
―― 貴志祐介氏

身につまされる生々しさ。お父さんの気持ちがわかりすぎて怖い!
―― 大森望氏(書評家・文芸評論家)

とても残酷で愛おしい物語にのめり込んで、気づいたら自分もその家の中にいた。
―― 三部けい氏(漫画家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

プロモーションムービー(ショートver)


プロモーションムービー(ロングver)


「寄居虫女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーは少なからず読んでいるジャンルです。櫛木理宇は初読ですが、最近のホラー作品の中ではゾクゾク感満載で一気に読みました。やっぱり世の中で一番怖いのは人間なんでしょうね!バットマンのジョーカーを和風に ホラーは少なからず読んでいるジャンルです。櫛木理宇は初読ですが、最近のホラー作品の中ではゾクゾク感満載で一気に読みました。やっぱり世の中で一番怖いのは人間なんでしょうね!バットマンのジョーカーを和風にして女性にすると山口葉月になるんだろなぁ! …続きを読む
    starbro
    2015年01月22日
    207人がナイス!しています
  • 人を食い物にする奴らは、仕掛けた罠に確実に誘導されてくれるであろうターゲット家族を周到に選ぶ。そしてそれぞれのウイークポイントを利用し、飴とムチを巧みに使い分けながら、狡猾な技をもって徐々に懐柔し支配 人を食い物にする奴らは、仕掛けた罠に確実に誘導されてくれるであろうターゲット家族を周到に選ぶ。そしてそれぞれのウイークポイントを利用し、飴とムチを巧みに使い分けながら、狡猾な技をもって徐々に懐柔し支配していく。正常な思考があれば、置かれている状況のおかしさに気付いて然るべきなのだが、その思考能力を巧妙な手口で全て奪われたとしたら…。崩壊させるまでのプロセスが「尼崎連続殺人」などの洗脳事件と酷似していて背筋が寒くなる。幕切れは少々呆気なかったものの、家族の人格が破綻していく様はリアルで読みごたえがあった。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2016年06月21日
    174人がナイス!しています
  • 僕はたまに洗脳系の本が読みたくなる。洗脳というと仰々しいけれど、夫婦、親子、友達、上司と部下など、身近なところでも似たようなことは起こり得る。実際はたから見ると、あーもうコントロールされちゃってんのか 僕はたまに洗脳系の本が読みたくなる。洗脳というと仰々しいけれど、夫婦、親子、友達、上司と部下など、身近なところでも似たようなことは起こり得る。実際はたから見ると、あーもうコントロールされちゃってんのかなあって思う人を結構知っているし、僕自身も経験がある。なんなんだろうなあこの感覚って。人の目ばかり気にして、変な責任感に縛られて。自分のことは自分が一番分かっているって思うのは気のせいなんだろう。ほんとに人はあいまいだ。 …続きを読む
    YM
    2015年05月12日
    146人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

とても怖ろしい物語だった。実際に同じような事件が起きているという否定できないリアリティがあり、より身近な恐怖を感じた。読み進めるうちに加害者、被害者とはなんだろうと考えさせられた。終盤は複雑なパズルのピースが収まっていくのが目に見えるようで見事であった。(920さん)

どうなってしまうのか先が気になって一気読みでした。被害者が加害者になってしまうのが本当に怖かった。読んでて辛かったです。ちょっとした事で家族ってバラバラになってしまうんだなぁ。生きている人間が一番怖いと思わされた作品です。(泉水さん)

実際の事件を彷彿とさせて、とても恐怖を感じました。マインドコントロールの恐ろしさがひしひしと感じられます。人間とはここまで冷酷になれるものなのかと思うと小説の中だけのことであってほしいと切に願います。(くぼちゃんさん)

著者紹介

櫛木 理宇(くしき りう)

1972年新潟県生まれ。
2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞しデビュー。
同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成。今後の活躍が期待される新鋭。

最近チェックした商品