さいごの毛布

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041106495

さいごの毛布

  • 著者 近藤 史恵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041106495

犬の終生看護を掲げる、老犬ホームは事件がいっぱい!?

年老いた犬を飼い主の代わりに看取る老犬ホームに勤めることになった智美。なにやら事情がありそうなオーナーと同僚、ホームの存続を脅かす事件の数々――。愛犬の終の棲家の平穏を守ることはできるのか?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さいごの毛布」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある番組の老犬介護施設の特集をみた。老犬特有の症状を抱えた犬たちがスタッフの手厚い介護を受けていた。高齢な飼い主が病気などの事情で泣く泣く託したそうだ。介護の問題は人間だけではない。作品は老犬ホーム「 ある番組の老犬介護施設の特集をみた。老犬特有の症状を抱えた犬たちがスタッフの手厚い介護を受けていた。高齢な飼い主が病気などの事情で泣く泣く託したそうだ。介護の問題は人間だけではない。作品は老犬ホーム「ブランケット」が舞台だ。一部の利用者のモラルに辟易しながらも、一方で経営を成り立たせねばならない矛盾に向き合うオーナーの葛藤。同時に新人スタッフの心の成長も描かれる。ホームの犬たちもいじらしい。ミステリーの要素は軽めだけど、命を預かり見送る重さを感じた。誰かが掛ける「さいごの毛布」は暖かいものであってほしい。 …続きを読む
    pino
    2015年02月09日
    187人がナイス!しています
  • 事情があり飼えなくなった老犬を預かるホーム。不仲な家族の中で就職も出来なかった智美がそこで働きララを中心に犬の世話をしていく。悲しい老犬の話と思いきや施設を運営する無愛想な麻那子は、元教師で離婚歴があ 事情があり飼えなくなった老犬を預かるホーム。不仲な家族の中で就職も出来なかった智美がそこで働きララを中心に犬の世話をしていく。悲しい老犬の話と思いきや施設を運営する無愛想な麻那子は、元教師で離婚歴があり息子と離れて暮らす。碧は、妻がいる夫と付き合いその妻から攻撃を受けている。夫々が複雑な事情で生きている。麻那子の元教え子の灰原が幅広くホームに手伝ってくれる。大怪我をして入院をした麻那子に会いに行く息子。麻那子と智美の母が高校時代の友人でありホームの就職もその縁という事が判明。親に会いに行く決意をした智美。 …続きを読む
    テディ
    2019年07月20日
    184人がナイス!しています
  • 老犬ホームのお話。犬と人間の関係がテーマ?。人間の都合で振り回される犬でもこういう施設なら少しはましかな?。 老犬ホームのお話。犬と人間の関係がテーマ?。人間の都合で振り回される犬でもこういう施設なら少しはましかな?。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2017年10月21日
    162人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品