試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041046074

さいごの毛布

  • 著者 近藤 史恵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041046074

犬の終生看護を掲げる、老犬ホームは事件がいっぱい!?

年老いた犬を飼い主の代わりに看取る老犬ホームに勤めることになった智美。なにやら事情がありそうなオーナーと同僚、ホームの存続を脅かす事件の数々――。愛犬の終の棲家の平穏を守ることはできるのか?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「さいごの毛布」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とても良かった、泣いた。犬の最期を看取る『老犬ホーム』でのあったかくて、でも考えさせられる素敵なお話。飼い犬を手離し老犬ホームに送る飼い主の自分勝手に最初は腹が立った。僕もワンコとニャンコと一緒に住ん とても良かった、泣いた。犬の最期を看取る『老犬ホーム』でのあったかくて、でも考えさせられる素敵なお話。飼い犬を手離し老犬ホームに送る飼い主の自分勝手に最初は腹が立った。僕もワンコとニャンコと一緒に住んでいる。手離すなんて考えられない!家族だもん!でも、でも家族だからこそ···の事情もあるんだね。ホームのワンコたちは大切なことをたくさん教えてくれた。人を、想いを、背景を知らずに嫌いにならないで!と。『犬は昨日を愛する生き物。今日も昨日と一緒であればいいと思っているの』この本はきっと、人間関係の潤滑油‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2020年11月15日
    295人がナイス!しています
  • 戌年に犬本1冊目。 老犬ホームで働くことになった智美。このような施設は本当に必要だなと思う。様々な事情で犬を預けなければならなくなった人、それぞれに事情がある。でも最後まで一緒に暮らせるのが理想だよね 戌年に犬本1冊目。 老犬ホームで働くことになった智美。このような施設は本当に必要だなと思う。様々な事情で犬を預けなければならなくなった人、それぞれに事情がある。でも最後まで一緒に暮らせるのが理想だよね。人間も一見元気な明るい人にだって悩みもある。みんなそれを乗り越えて行きていくんだね。 先に明るさが見えた所で終わって読後感も良かったです。 …続きを読む
    小梅
    2018年01月10日
    154人がナイス!しています
  • 犬の老人ホーム。人付き合いの苦手な主人公は就職の面接で落ち続けます。その中で友人を通して紹介された犬の老人ホーム。最初は犬についてあまり分からなかった主人公も、自分の犬も飼い始めます。これからの時代に 犬の老人ホーム。人付き合いの苦手な主人公は就職の面接で落ち続けます。その中で友人を通して紹介された犬の老人ホーム。最初は犬についてあまり分からなかった主人公も、自分の犬も飼い始めます。これからの時代に需要がありそうだけれども、本当にきちんとお世話してくれる所を見つけるのは難しそうですね。近藤史恵さんの本をたくさん読んだ訳では無いですが、何故か事件を起こす人が現れます。不穏な雰囲気が解決されたかと思ったら唐突に終わりました。感想としては、事件が起こらずにたまには恋愛小説でも良かったのでは?と思いました~。 …続きを読む
    mariya926
    2021年12月28日
    127人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品