臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041014318

臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究

  • 著者 有栖川 有栖
  • イラスト 麻々原 絵里依
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041014318

有栖川有栖厳選! 名作揃いの傑作アンソロジー、〈アリバイ〉編!!

アリバイ――それは犯罪者が安全圏へ逃れるための蜘蛛の糸。推理作家・有栖川有栖が書いた色紙や、シドニーで撮られた写真によって紡がれるその糸を、クールな犯罪学者・火村英生が叩き切る! 傑作揃いの短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「三つの日付」のオチが何となく、好きです^^「わらう月」はエロティックな描写もあって漫画から貸した友達に貸すと吃驚されるかもしれない・・・。何だか切なかったのは「紅雨荘殺人事件」。大切な思い出を汚され 「三つの日付」のオチが何となく、好きです^^「わらう月」はエロティックな描写もあって漫画から貸した友達に貸すと吃驚されるかもしれない・・・。何だか切なかったのは「紅雨荘殺人事件」。大切な思い出を汚されただけでなく、第三者のとある動機のために翻弄されて静かに破局を迎えた余韻に物悲しさと切なさが込み上げてきました。「長い影」は船曳刑事の事件関係者であった、犯人の自己中心的な狡猾さが後味が悪い分、火村先生が周辺から突き崩していく様は圧巻。次の長篇は『スウェーデン館の謎』か? …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2014年07月01日
    51人がナイス!しています
  • アリバイの研究、と言うテーマで、全部アリバイ崩しの話でした。面白かった!「三つの日付」「わらう月」がお気に入りです。 アリバイの研究、と言うテーマで、全部アリバイ崩しの話でした。面白かった!「三つの日付」「わらう月」がお気に入りです。
    ぽぽ♪
    2016年03月18日
    47人がナイス!しています
  • 火村英生シリーズ、角川ビーンズ文庫オリジナルの短編集。今回のテーマはアリバイなので、多少頭がこんがらがるところもありましたが、結構さくさく読めました。「紅雨荘殺人事件」と「不在の証明」が印象に残ってい 火村英生シリーズ、角川ビーンズ文庫オリジナルの短編集。今回のテーマはアリバイなので、多少頭がこんがらがるところもありましたが、結構さくさく読めました。「紅雨荘殺人事件」と「不在の証明」が印象に残っています。後者は双子ネタで、有栖川と同じような推理をしていましたが、火村先生に一刀両断されてしまいました。 …続きを読む
    Moemi
    2016年02月21日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品