将軍の象 採薬使佐平次

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041105580

将軍の象 採薬使佐平次

  • 著者 平谷 美樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041105580

長崎から江戸へ…象の旅の裏には陰謀が潜む。

将軍吉宗に献上するために輸入されることになった二頭の象。一度は白紙になったものの、なぜか長崎に着いてしまった象を巡り、老中たちの陰謀が明らかになっていく。佐平次は解決できるのか…新解釈の時代ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「将軍の象 採薬使佐平次」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作が結構気に入っていたので嬉しいシリーズ化。採薬使として、隠密としてという佐平次が将軍に献上される象を巡って各藩の暗躍をどう止めるのか、象を日本に輸入して長崎から江戸まで徒歩で運ぶというのは確かに大 前作が結構気に入っていたので嬉しいシリーズ化。採薬使として、隠密としてという佐平次が将軍に献上される象を巡って各藩の暗躍をどう止めるのか、象を日本に輸入して長崎から江戸まで徒歩で運ぶというのは確かに大変だったろうなぁ。それにしても将軍ともなるとヘタに口に出したことで一大事になっちゃうよという話。象と佐平次の交流が泣かせますね …続きを読む
    柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中
    2014年01月28日
    15人がナイス!しています
  • 「絶大な権力を持つ者の何気ない一言が、多くの者たちの運命を翻弄してゆく」…その中での一番の犠牲者は、聖天だった。なんてかわいそうな結末なのだろうか…象に対しての感情はいろいろあるけど、物語としては読み 「絶大な権力を持つ者の何気ない一言が、多くの者たちの運命を翻弄してゆく」…その中での一番の犠牲者は、聖天だった。なんてかわいそうな結末なのだろうか…象に対しての感情はいろいろあるけど、物語としては読み応えがあった。 …続きを読む
    あっこ
    2014年02月26日
    14人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。将軍吉宗に献上するために唐からやってきた象を佐平次らが長崎から江戸まで運ぶ話。史実を元にしているのでその行程に当たる各藩の対応など象の道中の描写は説得力があって面白い反面、全体的な敵味 シリーズ2作目。将軍吉宗に献上するために唐からやってきた象を佐平次らが長崎から江戸まで運ぶ話。史実を元にしているのでその行程に当たる各藩の対応など象の道中の描写は説得力があって面白い反面、全体的な敵味方の構図が分かりにくいのでその行く手を妨害する相手との佐平次たちの決死の戦いの部分は何が起きているのか判らずスッキリしない部分もあった。また、いくらエンタメとはいえ、最後の江戸城内での騒ぎはちょっとやり過ぎでは。ただ、その後の終わり方は遠い国から来た象を慈しむ気持ちが篭っていてよかった。 …続きを読む
    tako
    2016年03月21日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品