角川文庫

鋼鉄の叫び

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041009222
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

鋼鉄の叫び

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041009222

男はなぜ“日本”を捨てたのか!?

自らの意志で特攻攻撃から生還した元特攻隊隊員……テレビプロデューサーの雪島忠信は、その男の行方を追い始めるが……!? 時代に翻弄される人間の価値観の本質を描いた、本格ヒューマン・ミステリー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鋼鉄の叫び」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ 登録忘れ。知人に貸してたらしいのですが貸してたのすら忘れてまして、本日、知人がきたときに本を持ってきて、当方「これ、貸してた?」知人「うん!そうそう、長いことかりてたね。」ああああ、やっと ★★★☆☆ 登録忘れ。知人に貸してたらしいのですが貸してたのすら忘れてまして、本日、知人がきたときに本を持ってきて、当方「これ、貸してた?」知人「うん!そうそう、長いことかりてたね。」ああああ、やっと思い出した。みたいな。戦争ものだった。。 …続きを読む
    相田うえお
    2016年09月14日
    129人がナイス!しています
  • 特攻隊場面の臨場感は半端ではない。いったん死への覚悟を決めながら、搭乗機の不調で帰還した兵士。だが、来るべき不条理な死が、数日先延ばしされたに過ぎない…作者は特攻の本質を「日本人の持つ精神の呪縛」にあ 特攻隊場面の臨場感は半端ではない。いったん死への覚悟を決めながら、搭乗機の不調で帰還した兵士。だが、来るべき不条理な死が、数日先延ばしされたに過ぎない…作者は特攻の本質を「日本人の持つ精神の呪縛」にあるとする。その本質を知った時、恐ろしさに身が震えた。私自身、その呪縛に囚われているからだ…一方で作者は、その呪縛を解き放つか否かは、個人の判断に任されているとする。そして、元特攻兵は見事にその呪縛から解放された。忠信もまた解放されるのだろうか…迷走する現代日本を強烈に鼓舞する…看板に偽りなしの傑作である。 …続きを読む
    おぎにゃん
    2014年09月21日
    15人がナイス!しています
  • 主人公の不倫のシーンっているのかなぁと思いつつ。。。 今までに読んできた戦争モノの小説の中でも、エンターテイメント性の強いというか現代のシーンが多いので軽い感じでした。 峯岸中尉のエピソードの章は良か 主人公の不倫のシーンっているのかなぁと思いつつ。。。 今までに読んできた戦争モノの小説の中でも、エンターテイメント性の強いというか現代のシーンが多いので軽い感じでした。 峯岸中尉のエピソードの章は良かったです。中尉の中尉としての部下への思いやり、人柄が最高にカッコイイ、そして特攻をやめて第二の人生を送るその選択肢もまた男らしいですね。ラストはもうちょっと、お父さんと中尉の再会シーンの続きが見たかった!!あの余韻の残る感じが良いのでしょうけど・・。 …続きを読む
    2013年10月12日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品