娼婦たちから見た日本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041013878

娼婦たちから見た日本

  • 著者 八木澤 高明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041013878

街は女たちが彩ってきた。男は女たちが知っている。娼婦から日本が見える!

黄金町の盛衰を見続けた外国人娼婦。国策に翻弄されたからゆきさんと、じゃぱゆきさん。ジャパニーズドリームの体現者・アニータのいま。灰色の街に彩りを与えてきた女たちから見た、日本とは、日本人とは――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「娼婦たちから見た日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 性が商売になるという事実と貧困という現実、この二つが重なる場所には娼婦は存在する。かつて日本からアジアへと渡ったからゆき(唐行き)さん、そして今は日本へとやってくるじゃぱゆきさん。彼女らが立つ場所は白 性が商売になるという事実と貧困という現実、この二つが重なる場所には娼婦は存在する。かつて日本からアジアへと渡ったからゆき(唐行き)さん、そして今は日本へとやってくるじゃぱゆきさん。彼女らが立つ場所は白黒付けられない灰色の場所ばかりだ。横浜ドヤ街近隣の黄金町や船乗り相手のはしりがねで賑わった三重県渡鹿野島、そして沖縄や東南アジア。土地に根付く歴史を紐解きながら、そこで生きる女性たちの声に耳を傾ける著者の態度はとても誠実なものだと思う。つい目を逸らしがちなひび割れた現実を、そのままに拾い上げようとする良書。 …続きを読む
    zirou1984
    2016年11月22日
    39人がナイス!しています
  • 娼婦という言葉の響きは、艶めかしく感じさせることもあるが、物悲しさも感じさせる。最古のビジネスとも言われる、春をひさぐと言うことは、生命力でもあるように感じる。その最たる例はアニータ。彼女の影を感じさ 娼婦という言葉の響きは、艶めかしく感じさせることもあるが、物悲しさも感じさせる。最古のビジネスとも言われる、春をひさぐと言うことは、生命力でもあるように感じる。その最たる例はアニータ。彼女の影を感じさせない強さは、娼婦という職業を超越した人生観を表現しているように感じる。ただ、すべてが、この例ではなく、そこには背けてはいけない歴史があり、そこの今という現実がある。とってもやるせない気持で読了。 …続きを読む
    fwhd8325
    2015年05月24日
    27人がナイス!しています
  • ただの興味本位なエログロ本ではない。 かなりの骨太ノンフィクションである。 日本もさかのぼれば海外へ出ていった「からゆきさん」達がいた。 無論、国内には呼び方が変わっても娼婦がいなくなった時代は無い ただの興味本位なエログロ本ではない。 かなりの骨太ノンフィクションである。 日本もさかのぼれば海外へ出ていった「からゆきさん」達がいた。 無論、国内には呼び方が変わっても娼婦がいなくなった時代は無いだろう。 彼女たちから日本が、そして彼女たちの母国が透けて見え、なにより人間を感じる一冊。 それにしてもアポもネゴも無しに、チリまでアニータに会いに行って取材してくるなんて! …続きを読む
    4fdo4
    2020年05月09日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品