試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041008775

グラウンドの空

  • 著者 あさの あつこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041008775

真夏の空の下、二人の少年が出会う――鮮烈な青春野球小説!

甲子園に魅せられ地元の小さな中学校で野球を始めたキャッチャーの瑞希。ある日、ピッチャーとしてずば抜けた才能をもつ透哉が転校してくる。だが彼は心に傷を負っていて──。少年達の鮮烈な青春野球小説!

人物相関図

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グラウンドの空」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あさのさんのスポーツ少年ものは大好きなジャンル!バッテリーの巧と豪を思い出しながら読みました。野球に焦れるキャッチャー瑞希と野球に傷つけられて一旦は手放した透哉。良治のキャラクターもとてもいい。これは あさのさんのスポーツ少年ものは大好きなジャンル!バッテリーの巧と豪を思い出しながら読みました。野球に焦れるキャッチャー瑞希と野球に傷つけられて一旦は手放した透哉。良治のキャラクターもとてもいい。これは続きも楽しみに待ちたい。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2013年06月28日
    38人がナイス!しています
  • 久しぶりのあさのあつこさんの野球小説。やはりいい。少年達の葛藤がみずみずしく描かれて眩しい。バッテリーコンビとの全国大会での激突とか、、あさのあつこ版大甲子園なるか(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾ 久しぶりのあさのあつこさんの野球小説。やはりいい。少年達の葛藤がみずみずしく描かれて眩しい。バッテリーコンビとの全国大会での激突とか、、あさのあつこ版大甲子園なるか(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    hnzwd
    2013年07月06日
    36人がナイス!しています
  • 田舎の10人程度の野球部でキャッチャーをしている少年はチームの要であるピッチャー不在の現状と迫り来る大会の日に焦っていた。そこに転校してきた天才ピッチャーとの話。バリバリ野球の話なのかと思っていたが試 田舎の10人程度の野球部でキャッチャーをしている少年はチームの要であるピッチャー不在の現状と迫り来る大会の日に焦っていた。そこに転校してきた天才ピッチャーとの話。バリバリ野球の話なのかと思っていたが試合のシーンは全部で2ページ程。あとは少年達が少しずつ一つになっていく過程を書いた本作…良い!青臭い少年達が気持ちを上手く伝えられないジレンマや天才ピッチャー故の試練やトラウマ。不器用なりに成長していく登場人物達がとても愛おしく感じました。『野球、やろうな』『うん。』このフレーズだけで暖かい涙が流れました。 …続きを読む
    Takeshi Kambara
    2016年06月14日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

とても気持ち良く読み終えることのできる作品でした。社会情勢や周囲の環境などの自分ではどうしようもない状況に翻弄され、時には挫折しそうになりながらも、自分の夢のために決して諦めない中学生の葛藤や純真さがとても細やかに表現されていると感じました。(qwertysさん)

瑞希、透哉、良治はそれぞれに家のことや将来のこと、自分の今の状況やしがらみに、どろどろと暗い雰囲気があるのですが、野球を始めた瞬間、世界がキラキラと輝き始めます。表現方法は違えど、みんな野球が好きなのだと感じました。(鈴音さん)

面白かったです。野球の根性ストーリーかと思っていましたが、いろいろな人の心の動きとか、生きていくうえでぶつかる問題とか、うまく織り込まれていて、本当にあさのあつこさんは上手だなあと思いました。(有隣リンコさん)

最近チェックした商品