ジェノサイド 下

このミステリーがすごい!2012年版1位, 週刊文春ミステリーベスト10 1位, 第2回山田風太郎賞受賞,  第65回日本推理作家協会賞受賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041011270

このミステリーがすごい!2012年版1位, 週刊文春ミステリーベスト10 1位, 第2回山田風太郎賞受賞,  第65回日本推理作家協会賞受賞

ジェノサイド 下

  • 著者 高野 和明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041011270

世界規模で展開する、現代エンタメの到達点!

研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けるのは、人間という生き物が作り出した〈地獄〉だった--。現代エンタテインメント小説の最高峰。

4冠達成!各界から絶賛の声!


おすすめコメント

この物語は、人類の行方を予言している。新たな神話を読むようだ。――中江有里氏(女優・脚本家)

超面白い映画を三本分見たくらいの達成感があります!エンタメ小説としても面白いんですが、大げさじゃなく自分の人生観、哲学が変わりました!!――鈴木おさむ氏(放送作家)

ここにハリウッドを凌ぐ、一休の娯楽作品がある。こんなスケールのデカい小説を書ける作家がいたなんて、日本もまだ捨てたもんじゃない。――小島秀夫(「メタルギア」シリーズ監督)

瞬きも息継ぎも忘れる勢いで最後まで一気読み、上質のエネルギーを注がれて細胞が一気に活性化しました!――ヤマザキマリ氏(漫画家・「てる前・ロマエ」)

壮大な物語だ。息を呑む物語だ。私たちは滅びていく生き物なのかもしれないが、だからといって俯くことはない。本書を読むとそんな気がしてくる。これは、私たちの未来を語る物語だ。――北上次郎氏(文芸評論家)「本の旅人」2011年4月号より

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『ジェノサイド』公式PV


高野和明『ジェノサイド』(角川文庫)テレビCM

「ジェノサイド 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻に入ってまた一段読むスピードが上がるくらい面白くなり、展開も早くなる。そういえば、ミックの背景がもうちょっと語られるか、なにか決定的な危機を招く引き金になるのかと予想させておいて、結構あっさりした 下巻に入ってまた一段読むスピードが上がるくらい面白くなり、展開も早くなる。そういえば、ミックの背景がもうちょっと語られるか、なにか決定的な危機を招く引き金になるのかと予想させておいて、結構あっさりした扱いに終わったなと昔は感じた。全体的にはとても面白く、一気読みさせられるものの、新薬の開発が何故たかが大学生の研人に託されたのか、そもそも研人父にやらせる必要性すらなく、自分で進めて材料や道具の調達だけ誰かに頼った方が効率も良く確実だったのではないかという気はする。友理さんももっとちゃんと事情説明しろよと。 …続きを読む
    W-G
    2017年10月22日
    855人がナイス!しています
  • 面白くて一気に読了。凄い構想力。空想上の話ながら、コンゴ周辺を取り巻く情勢、民兵による虐殺や少年民兵徴収の実態、米国から拷問代行国へのレンディションなど現代的で重い題材を扱う。多くの専門家への謝辞を見 面白くて一気に読了。凄い構想力。空想上の話ながら、コンゴ周辺を取り巻く情勢、民兵による虐殺や少年民兵徴収の実態、米国から拷問代行国へのレンディションなど現代的で重い題材を扱う。多くの専門家への謝辞を見ると、創薬や技術の描写も綿密な取材に基づくのだろう。現生人類は異型なものを(時には神の名の下に)虐げ抹殺して種を保存してきたと。チンギス汗の子孫が数千万人に及ぶという性淘汰の話、ネアンデルタール人絶滅に関する仮説、チキンゲームでは理性的な方が敗者になる、など含蓄に富んだ逸話も多く、非常に濃い読書体験だった。 …続きを読む
    HoneyBear
    2014年07月23日
    523人がナイス!しています
  • 人間嫌いに急加速をかけられ、最後は急ブレーキをかけられるような物語。 古賀研人さんや正勲、オネカ少年に母親をレイプして殺せと言う兵士、同じ人類だとは思えない。 この本を読んでいる間中、自分は研人さんや 人間嫌いに急加速をかけられ、最後は急ブレーキをかけられるような物語。 古賀研人さんや正勲、オネカ少年に母親をレイプして殺せと言う兵士、同じ人類だとは思えない。 この本を読んでいる間中、自分は研人さんや正勲さん側の人間だ!と思っていたけど、イエーガーさんが敵兵の股間を撃ち殺す場面や、副大統領が爆殺される場面に爽快感すら覚える自分はどっち側の人間か? …続きを読む
    らぱ
    2019年05月14日
    428人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

すごい!のひとことである。内容もボリュームも、現在のところ著者の最高傑作であろう。スリラー?サスペンス?SF?ジャンル分け不可能なノンストップ・アクションである。まず、著者の取材力とその努力に拍手を送りたい。この中身の濃さはただごとではない。(mutantmoguraさん)

すごかった。ふたつの物語が、見事に絡み合い、ミステリーとして楽しくよんだ。そして二人が成長する姿をとってみると、青春小説としてもいい。そしてなによりも主人公たちが大きなものに立ち向かう姿が、あまりにも格好良かった。余韻が続くすばらしい一作。(ヤマオカケンヂさん)

サスペンス、アクション、SFといった要素の他にも過酷すぎる戦場の様子を描いた戦争小説、父と息子の絆を描いた小説としても読める、エンターテイメントだけど一概にそうとも言えないさまざまな顔を持った小説です。一歩間違えれば破滅が待つギリギリの展開に終始ハラハラしっ放しでした。(としさん)

著者紹介

高野和明(たかの かずあき)

1964年生まれ。2001年に『13階段』で江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。
『ジェノサイド』で山田風太郎賞、日本推理作家協会賞を受賞した他、「このミステリーがすごい! 2012年版」「週刊文春ミステリーベスト10」の1位を獲得。
他の著書に『グレイヴディッガー』『幽霊人命救助隊』など。自著のドラマ化『6時間後に君は死ぬ』では脚本・監督も務めた。

最近チェックした商品