ジェノサイド 上

このミステリーがすごい!2012年版1位, 週刊文春ミステリーベスト10 1位, 第2回山田風太郎賞受賞,  第65回日本推理作家協会賞受賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041011263

このミステリーがすごい!2012年版1位, 週刊文春ミステリーベスト10 1位, 第2回山田風太郎賞受賞,  第65回日本推理作家協会賞受賞

ジェノサイド 上

  • 著者 高野 和明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041011263

2012年版「このミス」1位! 超弩級エンタテインメント!!

イラクで戦うアメリカ人傭兵と日本で薬学を専攻する大学院生。二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。一気読み必至の超弩級エンタメ!

4冠達成!各界から絶賛の声!


おすすめコメント

この物語は、人類の行方を予言している。新たな神話を読むようだ。――中江有里氏(女優・脚本家)

超面白い映画を三本分見たくらいの達成感があります!エンタメ小説としても面白いんですが、大げさじゃなく自分の人生観、哲学が変わりました!!――鈴木おさむ氏(放送作家)

ここにハリウッドを凌ぐ、一休の娯楽作品がある。こんなスケールのデカい小説を書ける作家がいたなんて、日本もまだ捨てたもんじゃない。――小島秀夫(「メタルギア」シリーズ監督)

瞬きも息継ぎも忘れる勢いで最後まで一気読み、上質のエネルギーを注がれて細胞が一気に活性化しました!――ヤマザキマリ氏(漫画家・「てる前・ロマエ」)

壮大な物語だ。息を呑む物語だ。私たちは滅びていく生き物なのかもしれないが、だからといって俯くことはない。本書を読むとそんな気がしてくる。これは、私たちの未来を語る物語だ。――北上次郎氏(文芸評論家)「本の旅人」2011年4月号より

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『ジェノサイド』公式PV


高野和明『ジェノサイド』(角川文庫)テレビCM

「ジェノサイド 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 刊行当時以来の再読。今読むと、バーンズ大統領の顔がどうしてもトランプ大統領に脳内変換されて「ああ、この人だったらこういう事言いそう」と変に説得力を感じる。上下巻に分けて読むと、上巻は非常に先が気になる 刊行当時以来の再読。今読むと、バーンズ大統領の顔がどうしてもトランプ大統領に脳内変換されて「ああ、この人だったらこういう事言いそう」と変に説得力を感じる。上下巻に分けて読むと、上巻は非常に先が気になるところで終わるのが心憎い。なんとなく全体像が掴めそうで掴めない、ココからもう一段物語が加速しそうな匂いがプンプンするところで終わる。改めて読むと、重要な人物の登場が意外に遅く、前半に印象的に登場する人物は物語終盤ではモブ化している事に気付く。ヌースの顔がイマイチイメージしづらい。画像で見てみたい。 …続きを読む
    W-G
    2017年10月21日
    833人がナイス!しています
  • 登場人物一人一人のキャラクター設定がしっかりしており、また個々の感情も細やかに丹念に描かれているのが良い。アメリカ、日本、コンゴの地域を行き来しながら物語は進む慌ただしさにも関わらず、グイグイ引き込ま 登場人物一人一人のキャラクター設定がしっかりしており、また個々の感情も細やかに丹念に描かれているのが良い。アメリカ、日本、コンゴの地域を行き来しながら物語は進む慌ただしさにも関わらず、グイグイ引き込まれるこの感覚は快感ですらある。さて、下巻も購入しに行かないとね。 …続きを読む
    またおやぢ
    2014年08月26日
    397人がナイス!しています
  • 下巻への期待感が半端ない。 心に残った言葉「ある遺体は首がもげるまで蹴られ続け、別の遺体は幹線道路の橋桁に吊るされた。これらはすべて、この星の上で最高の知性を持つと自負している生物たちがやったこと」 下巻への期待感が半端ない。 心に残った言葉「ある遺体は首がもげるまで蹴られ続け、別の遺体は幹線道路の橋桁に吊るされた。これらはすべて、この星の上で最高の知性を持つと自負している生物たちがやったこと」 心に残った場面p360 …続きを読む
    らぱ
    2019年05月03日
    377人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

すごい!のひとことである。内容もボリュームも、現在のところ著者の最高傑作であろう。スリラー?サスペンス?SF?ジャンル分け不可能なノンストップ・アクションである。まず、著者の取材力とその努力に拍手を送りたい。この中身の濃さはただごとではない。(mutantmoguraさん)

すごかった。ふたつの物語が、見事に絡み合い、ミステリーとして楽しくよんだ。そして二人が成長する姿をとってみると、青春小説としてもいい。そしてなによりも主人公たちが大きなものに立ち向かう姿が、あまりにも格好良かった。余韻が続くすばらしい一作。(ヤマオカケンヂさん)

サスペンス、アクション、SFといった要素の他にも過酷すぎる戦場の様子を描いた戦争小説、父と息子の絆を描いた小説としても読める、エンターテイメントだけど一概にそうとも言えないさまざまな顔を持った小説です。一歩間違えれば破滅が待つギリギリの展開に終始ハラハラしっ放しでした。(としさん)

著者紹介

高野和明(たかの かずあき)

1964年生まれ。2001年に『13階段』で江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。
『ジェノサイド』で山田風太郎賞、日本推理作家協会賞を受賞した他、「このミステリーがすごい! 2012年版」「週刊文春ミステリーベスト10」の1位を獲得。
他の著書に『グレイヴディッガー』『幽霊人命救助隊』など。自著のドラマ化『6時間後に君は死ぬ』では脚本・監督も務めた。

最近チェックした商品