採薬使佐平次

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041103951

採薬使佐平次

  • 著者 平谷 美樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041103951

徳川吉宗を震撼させた恐るべき計画とは!?

大川の畔に見慣れぬガラス棒を握った惨死体が流れ着いた。吉宗配下の御庭番にして、採薬使の佐平次は探索を命じられる。同じ頃、西国では蝗害が広がり、他の採薬使仲間は原因を究明すべく、江戸を立つが…。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「採薬使佐平次」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館の本。さくさくと読了。登場人物が時代物にしては多めのため、魅力が分散してる点は残念。故に、主人公の魅力も薄い。しかしその分、作中の会話が個人的には好み♪主人公よりも回りの登場人物たちの細やかな会 図書館の本。さくさくと読了。登場人物が時代物にしては多めのため、魅力が分散してる点は残念。故に、主人公の魅力も薄い。しかしその分、作中の会話が個人的には好み♪主人公よりも回りの登場人物たちの細やかな会話のやり取りが生き生きとして、久しぶりにテレビ番組の時代物を観ているような気分で楽しめた。読んでみて、題名が紛らわしくて損してる作品だと思った。採薬師佐平次とあるが、お庭番たちの活劇なので、必殺仕事人的なチーム感の出るタイトルにしたら良かったのになぁ~(*´∀`)続編も読んでみよう。 …続きを読む
    ねむねむあくび♪
    2017年09月22日
    57人がナイス!しています
  • 徳川吉宗が設置した薬園で、本草学に基づく農業指導などを行う採薬使を束ねる佐平次。しかし、採薬使として働きは少なく、影の御庭番としての働きが多い。享保の大飢饉の手の施しようの無い悲惨さが伝わり命の儚さが 徳川吉宗が設置した薬園で、本草学に基づく農業指導などを行う採薬使を束ねる佐平次。しかし、採薬使として働きは少なく、影の御庭番としての働きが多い。享保の大飢饉の手の施しようの無い悲惨さが伝わり命の儚さがやるせない。一人の不審死から話しが広がり、生物テロの様相に、ドキドキして一気に読了。登場人物のやり取りから人物像がはっきりしていて、次作を期待したい。 …続きを読む
    baba
    2018年04月10日
    36人がナイス!しています
  • 江戸の四大飢饉のひとつの享保の大飢饉は、実は、害虫テロだった・・・という内容。興味深い設定だと思った。 江戸の四大飢饉のひとつの享保の大飢饉は、実は、害虫テロだった・・・という内容。興味深い設定だと思った。
    ベルるるる
    2018年08月11日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品