ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041102671

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041102671

「私はこの度、死んでしまいました」――衝撃の言葉の裏にあった思いとは。

吉村達也が最期の日の直前まで書き続けた「ヒマラヤノート」。そこには人生を閉じようとする者、愛する家族への力強いメッセージが記されていた。闘病の経過と彼が伝えたかった思いが込められた1冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 氏の作品で最初に読んだのは『ゼームス坂から幽霊坂』でした。その後『なぜ紫の夜明けに』などミステリーっぽくないものを何冊か読みました。2012年5月。氏のHPには『私はこのたび死んでしまいました。・・・ 氏の作品で最初に読んだのは『ゼームス坂から幽霊坂』でした。その後『なぜ紫の夜明けに』などミステリーっぽくないものを何冊か読みました。2012年5月。氏のHPには『私はこのたび死んでしまいました。・・・』というお知らせが出て、何?冗談?って思った事を記憶しています。医者嫌いの吉村さんは激痛に耐え最後の3週間だけを病院で過ごすことになったのですが、物書きさんというのは因果な商売ですよね。死の淵に立ってても書いちゃうんだもん。これ程までに死に向き会える人ってなかなかいないですよ。 …続きを読む
    ちゃんみー
    2014年04月13日
    56人がナイス!しています
  • なんで歩けなくなって固形物がのどを通らなくなるまで病院にかなかったのかと悔やまれる。よほど病院嫌いだったのか。60歳の若さで亡くなるのはとても残念。以前はまっていて100冊以上読みました。魔界百物語も なんで歩けなくなって固形物がのどを通らなくなるまで病院にかなかったのかと悔やまれる。よほど病院嫌いだったのか。60歳の若さで亡くなるのはとても残念。以前はまっていて100冊以上読みました。魔界百物語も期待していました。本当に残念なことです。でも家族や医療関係者に恵まれ笑顔で終末期を過ごされたのはある意味幸せな最期だったと言えるのかもしれない。ご冥福をお祈りします。 …続きを読む
    パフちゃん@かのん変更
    2013年05月06日
    46人がナイス!しています
  • 吉村達也先生の作品は結構沢山読んだことがありました。図書館で本書を見つけ、手に取りました。癌で亡くなるまでのお話を纏められたものですが、先生自身の人柄もあるのかあまり暗く重くなりすぎない一冊となってい 吉村達也先生の作品は結構沢山読んだことがありました。図書館で本書を見つけ、手に取りました。癌で亡くなるまでのお話を纏められたものですが、先生自身の人柄もあるのかあまり暗く重くなりすぎない一冊となっていました。ご家族(猫も含めて)大切にされてたんだな、と思いました。なぜこのタイトルなのかと思っていましたが、読んでみて解りました。亡くなったときのホームページでのメッセージを見たときはかなり驚きました。素敵な作品、沢山ありがとうございました。 …続きを読む
    そのぼん
    2013年09月23日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品