試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041006078

万能鑑定士Qの推理劇IV

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041006078

波照間島を舞台に、浅倉絢奈、雨森華蓮も登場する特別編!!

「万能鑑定士Q」に不審者が侵入した。変わり果てた事務所には、かつて東京23区を覆った“因縁のシール”が何百何千も貼られていた!公私ともに凜田莉子を激震が襲う中、小笠原悠斗は彼女を守れるのか!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『万能鑑定士Qの推理劇Ⅰ』絶賛発売中!


「万能鑑定士Qの推理劇IV」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なるほど、「探偵譚」へのつながりがよくわかった。が、二人のお互いの呼び名のきっかけとしては、いま一歩?w それにしても、コピアの設定がまだ定まっていない感じかな。規模と行動がアンマッチに感じてしまう。 なるほど、「探偵譚」へのつながりがよくわかった。が、二人のお互いの呼び名のきっかけとしては、いま一歩?w それにしても、コピアの設定がまだ定まっていない感じかな。規模と行動がアンマッチに感じてしまう。過去の事件との結びつけも多少強引っぽさが感じられなくもないが、とりあえずはよしとしておくか。それにしても、Ⅳではなんとなくハッピーエンドっぽさを醸しだしていたのだから、「探偵譚」へはもう少し前向きな感じにしてほしかったな。これだど引きずった過去の精算みたいに感じてしまうのは読んだ順番が逆だったせいか? …続きを読む
    どんちん
    2014年10月05日
    111人がナイス!しています
  • 個人的にツボなこのシリーズ。血なまぐさい事件もなく、テンポよくサクサクと進む小ネタ満載のストーリーに加え、ヒロイン・凛田莉子ちゃんのキュートな魅力が詰まってます。今回はライバル雨森華蓮と『特等添乗員α 個人的にツボなこのシリーズ。血なまぐさい事件もなく、テンポよくサクサクと進む小ネタ満載のストーリーに加え、ヒロイン・凛田莉子ちゃんのキュートな魅力が詰まってます。今回はライバル雨森華蓮と『特等添乗員α』の浅倉絢奈が長めに絡みつつ、宿敵コピアとの最終決着も・・え?最終?・・しまった!『事件簿』まだ読み切ってないよ~!(>_<) まあそれはさておき、シリーズ完結編にしてはちょっと駆け足気味な収束。たぶん、筆早で多忙を極める作者につき、このへんで一区切りとしたかったのでしょう。『事件簿』急いで読まねば(^^ゞ …続きを読む
    utinopoti27
    2019年06月29日
    108人がナイス!しています
  • なんだか久々に小笠原登場って感じ。莉子の言葉を思い出し、盗難事件を解決。昇給の話も出て幸先いい感じ?だけど莉子の店が荒らされてあの力士シールが貼られてたり、莉子がおばあが顧問をしてる石垣島の八重山運送 なんだか久々に小笠原登場って感じ。莉子の言葉を思い出し、盗難事件を解決。昇給の話も出て幸先いい感じ?だけど莉子の店が荒らされてあの力士シールが貼られてたり、莉子がおばあが顧問をしてる石垣島の八重山運送への就職するように言われたり。莉子に復讐すべく波照間島にも踏み込むコピア。添乗員絢奈、婚約者の那沖、そして贋作者華蓮も加わりコピアと闘う。「万能鑑定士Qの推理劇5」で会おうって(^^;)。結果、小笠原の栄転って本当に小説だなーって思うけど、距離が縮まってヨシなのかなと。しかしこの二人、本当にゆっくり過ぎるよ… …続きを読む
    りゅう☆
    2020年08月14日
    95人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品