シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に

シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年02月12日
商品形態:
電子書籍

シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に

  • 原作 吉宗 鋼紀
  • 文 内田 弘樹
  • イラスト CARNELIAN
発売日:
2016年02月12日
商品形態:
電子書籍

どうして、妹を疑わないといけないんだ……

家族を殺した国家保安省への恐怖を振り払い、彼らの謀略を阻止したテオドールはカティアを救出し、彼女を守り抜くために反体制派であるアイリスディーナと共に戦うと心に誓う。そんな折に666戦術機中隊へ新たな衛士――死んだはずの妹、リィズが編入された。妹は国家保安省のスパイなのか!? 疑心渦巻く中、中隊に国連軍共同作戦参加の命が下る――!! 大人気PCゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』の物語より18年前。欧州大戦を描く物語、第3弾!!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まさかのリィズが加入。この子もどうも抱えているものがありそうで不穏な空気が漂う。とはいうものの、今回はそんなドロドロしたところはなく、比較的王道的な作りでした。大規模作戦ではBETAの驚異さもさる事な まさかのリィズが加入。この子もどうも抱えているものがありそうで不穏な空気が漂う。とはいうものの、今回はそんなドロドロしたところはなく、比較的王道的な作りでした。大規模作戦ではBETAの驚異さもさる事ながら戦術機による作戦展開がしっかり解説されていて臨場感が出ていると思います。666中隊の結束も固まってきたところではあるが今後の展開を予想するにやっぱり絶望的な何かが見え隠れしていてつらい。 …続きを読む
    薄荷飴
    2015年04月20日
    7人がナイス!しています
  • 前巻テオドールとカティアが東ドイツを変える戦いへの覚悟を決めてからの、現実のお話。あからさまに怪しいリィズ登場、そして海王星作戦。国連軍との共同作戦においても光線級吶喊を成し遂げ、英雄となっていく66 前巻テオドールとカティアが東ドイツを変える戦いへの覚悟を決めてからの、現実のお話。あからさまに怪しいリィズ登場、そして海王星作戦。国連軍との共同作戦においても光線級吶喊を成し遂げ、英雄となっていく666戦術機中隊。最後、抱えられて帰還するテオドールが見た、東ドイツ、西ドイツ、アメリカの軽口のたたき合いから、すごく平和な世界の未来を、一瞬ですが垣間見ました。人は手を取り合うことが出来る、という普遍的テーゼが輝いた瞬間でした。 …続きを読む
    遊辺
    2019年03月21日
    5人がナイス!しています
  • ★★★★☆序盤のラブコメ展開に、突如異次元にでも送り込まれたかと思いきや、海王星作戦の開始で一気に泥と血にまみれた戦場へ逆戻り。西側との共同作戦であるため、東西のドクトリンの差が如実に出た。戦力不足と ★★★★☆序盤のラブコメ展開に、突如異次元にでも送り込まれたかと思いきや、海王星作戦の開始で一気に泥と血にまみれた戦場へ逆戻り。西側との共同作戦であるため、東西のドクトリンの差が如実に出た。戦力不足と政治的理由から要塞陣地に拠っての静的防御を取らざるをえない東ドイツが、砲兵の支援の下での近接戦闘戦術を発展させたのに対し、火力に勝り、縦深戦術を取ることができる西側は、機動戦によるBETA殲滅を狙う。どちらも政治的にも軍事的にも理にかなっていて納得できた。東ドイツが自負するヨーロッパの防壁としての役割も、→ …続きを読む
    ウラー
    2016年02月08日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品