走れメロス 太宰治 名作選 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年09月18日
商品形態:
電子書籍

走れメロス 太宰治 名作選

  • 著者 太宰 治
  • 解説 齋藤 孝
  • 絵 藤田 香
発売日:
2015年09月18日
商品形態:
電子書籍

「身がわりの友をすくうために走るのだ!」人間の弱さと強さ、心のおくのひみつをえがく11作。【『声に出して読みたい日本語』の齋藤孝、推薦・解説】太宰の本当の良さがわかる名作ばかりの短編集! これさえおさえておけば、まちがいなし!

身がわりの友をすくうために走るのだ!――友情と信頼(しんらい)をまもろうと命がけで走る青年のすがたをえがいた「走れメロス」など、太宰(だざい)の本当の良さがわかる感動的な11の短編(たんぺん)。犬がこわいのに犬に好かれてしまう太宰と飼い犬との交流を楽しく語る「畜犬談(ちくけんだん)」、重い病(やまい)の妹とその姉におこる奇跡(きせき)をミステリー風に物語る「葉桜(はざくら)と魔笛(まてき)」、キリストへの愛(あい)ゆえのうらぎりをユダが語る「駈込み訴え(かけこみうったえ)」のほか、「トカトントン」「桜桃(おうとう)」などドラマチックな物語や心にのこる名作ばかりの決定版。さし絵多数。解説・齋藤孝
収録作:走れメロス/畜犬談/葉桜と魔笛/黄金風景/駈込み訴え /眉山(びざん) /燈籠(とうろう)/善蔵(ぜんぞう)を思う /桜桃 /トカトントン/心の王者

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「走れメロス 太宰治 名作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《私‐図書館》【再読】太宰作品、久しぶりですが、唸ってしまいました。さすがです。「畜犬談」が、好きでした。 《私‐図書館》【再読】太宰作品、久しぶりですが、唸ってしまいました。さすがです。「畜犬談」が、好きでした。
    コロナウィルスに怯える雨巫女。
    2011年07月11日
    16人がナイス!しています
  • 文章は古風だけど慣れればすらすら読めるテンポのいいもので良かった。しかしストーリー的には全体的に何がやりたいのかよくわからないものが多かった。そんな中、「畜犬談」が男ツンデレものとして、「駈込み訴え」 文章は古風だけど慣れればすらすら読めるテンポのいいもので良かった。しかしストーリー的には全体的に何がやりたいのかよくわからないものが多かった。そんな中、「畜犬談」が男ツンデレものとして、「駈込み訴え」が男ヤンデレものとして印象に残った。 …続きを読む
    alleine05
    2010年06月09日
    4人がナイス!しています
  • 初めて太宰を読みました。 個人的には「暗い」とか「難解」というイメージのあった太宰作品ですが、そのイメージを払拭してくれた短編集でした。 「畜犬談」「駆け込み訴え」「眉山」あたりがお気に入りです。 初めて太宰を読みました。 個人的には「暗い」とか「難解」というイメージのあった太宰作品ですが、そのイメージを払拭してくれた短編集でした。 「畜犬談」「駆け込み訴え」「眉山」あたりがお気に入りです。
    mayuri(Toli)
    2011年09月21日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品