レフトハンド 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年05月21日
商品形態:
電子書籍

レフトハンド

  • 著者 中井 拓志
発売日:
2015年05月21日
商品形態:
電子書籍

致死率100%のウイルス・LHVが漏洩。日本ホラー小説大賞長編賞受賞作

製薬会社の研究室で致死率百%のレフトハンド・ウィルスが漏洩。だが、主任の影山は研究の続行を要請する。受け入れられなければウィルスを垂れ流すと脅しながら。第4回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レフトハンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読みの作家さん。10年近く積んであった本。内容はバイオハザードもの。なんだけど…好きな人にはすいません、俺にはあまりあわなかったです。あまり面白くなかった。解説にはギャグホラーな感じで読めばいいみた 初読みの作家さん。10年近く積んであった本。内容はバイオハザードもの。なんだけど…好きな人にはすいません、俺にはあまりあわなかったです。あまり面白くなかった。解説にはギャグホラーな感じで読めばいいみたいなことが書いてあるんだけど、どこをどう取れば笑えるのかわからなかった。なんかただ長いだけ、って感じてしまった。長編ホラー賞みたいなのの受賞作品なので、重ね重ね申し訳ないけど、かなりいまいちな作品だと思ってしまった。気分的にマッチしなかったんかな… …続きを読む
    ミュポトワ@猫mode
    2020年07月14日
    37人がナイス!しています
  • バイオハザードもの。奇想に圧倒される。冒頭から引き込まれた。臨場感と迫力ある文章は映像では表現できないほどのインパクトがある。グロとホラー、狂気と人情とコメディのバランスがよく、最後はせつなささえ残る バイオハザードもの。奇想に圧倒される。冒頭から引き込まれた。臨場感と迫力ある文章は映像では表現できないほどのインパクトがある。グロとホラー、狂気と人情とコメディのバランスがよく、最後はせつなささえ残る。カンブリア…自説に憑りつかれた人物が狂ってる…汚染された閉鎖棟を平然と出入りする時点で只者ではないが。異界すぎて、読書を中断するたび現実に戻るのに時間がかかった。ホラー小説に収まらない傑作、または怪作。すごく薦めたいけど、人を選ぶ作品なので難しい…。 …続きを読む
    mejiro
    2019年07月25日
    11人がナイス!しています
  • ある製薬会社の研究所で致死率100%のウィルスが漏洩。 汚染された研究棟から絶対にウィルスを流出させてはいけない。 しっかり書き込まれているし関係者のてんやわんやぶりが面白かったが、ラストはちょっと感 ある製薬会社の研究所で致死率100%のウィルスが漏洩。 汚染された研究棟から絶対にウィルスを流出させてはいけない。 しっかり書き込まれているし関係者のてんやわんやぶりが面白かったが、ラストはちょっと感傷的すぎるような。 それと、ウィルスに罹患すると左腕が心臓を引き連れて「独立」して歩き回るというのがなんとも。 ミニゾンビみたいなものだが。 486ページ …続きを読む
    けいちゃっぷ
    2015年07月17日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品