レフトハンド

第4回 日本ホラー小説大賞 長編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
497
ISBN:
9784043464012

第4回 日本ホラー小説大賞 長編賞

レフトハンド

  • 著者 中井 拓志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
497
ISBN:
9784043464012

製薬会社の研究室で致死率百%のレフトハンド・ウィルスが漏洩。だが、主任の影山は研究の続行を要請する。受け入れられなければウィルスを垂れ流すと脅しながら。第4回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レフトハンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読みの作家さん。10年近く積んであった本。内容はバイオハザードもの。なんだけど…好きな人にはすいません、俺にはあまりあわなかったです。あまり面白くなかった。解説にはギャグホラーな感じで読めばいいみた 初読みの作家さん。10年近く積んであった本。内容はバイオハザードもの。なんだけど…好きな人にはすいません、俺にはあまりあわなかったです。あまり面白くなかった。解説にはギャグホラーな感じで読めばいいみたいなことが書いてあるんだけど、どこをどう取れば笑えるのかわからなかった。なんかただ長いだけ、って感じてしまった。長編ホラー賞みたいなのの受賞作品なので、重ね重ね申し訳ないけど、かなりいまいちな作品だと思ってしまった。気分的にマッチしなかったんかな… …続きを読む
    ミュポトワ@猫mode
    2020年07月14日
    38人がナイス!しています
  • 分類上は「バイオホラー」でこの点では「サイレント・イヴ」に通ずるところもある。レフトハンドウィルス(以下LHV)は致死率100%という事で名が示す通り、左腕が抜け落ち人を襲うウィルスという事で、このウ 分類上は「バイオホラー」でこの点では「サイレント・イヴ」に通ずるところもある。レフトハンドウィルス(以下LHV)は致死率100%という事で名が示す通り、左腕が抜け落ち人を襲うウィルスという事で、このウィルスとの戦いがあるのかと思いきや、そういった描写もなく、津川に至ってはLHVに魅入られてしまう始末。また本編は非常に長いが、必要だったのかどうか首をかしげてしまう描写も結構多く、シリアスなシーンはそれなりにあるが、何故かブラックユーモアを交えた個所もいくつかあり、そのせいでウィルス→ …続きを読む
    しょう
    2020年09月25日
    22人がナイス!しています
  • バイオハザードもの。奇想に圧倒される。冒頭から引き込まれた。臨場感と迫力ある文章は映像では表現できないほどのインパクトがある。グロとホラー、狂気と人情とコメディのバランスがよく、最後はせつなささえ残る バイオハザードもの。奇想に圧倒される。冒頭から引き込まれた。臨場感と迫力ある文章は映像では表現できないほどのインパクトがある。グロとホラー、狂気と人情とコメディのバランスがよく、最後はせつなささえ残る。カンブリア…自説に取り憑かれた人物が狂ってる…汚染された閉鎖棟を平然と出入りする時点で只者ではないが。さらに「大人の事情」が物語の厚みを増してる。異界すぎて、読書を中断するたび現実に戻るのに時間がかかった。ホラー小説に収まらない傑作、または怪作。すごく薦めたいけど、人を選ぶ作品なので難しい…。 …続きを読む
    mejiro
    2019年07月25日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品