角川ホラー文庫

恐怖記録器

発売日:
2014年12月18日
商品形態:
電子書籍
恐怖記録器 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

あなたの夢を記録します。切なさと懐かしさを誘う異色のホラー作家最新作!

売れないホラー作家に持ち込まれた、夢を記録するだけの実験だという怪しげなアルバイト。しかし初日に手術台に寝かされると鼻の穴から脳みそに何かが差し込まれて……。夢と現実のあわいを描くノスタルジックホラー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恐怖記録器」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恐怖も混沌も不足気味。もっと狂気を! 恐怖も混沌も不足気味。もっと狂気を!
    miroku
    2013年12月05日
    17人がナイス!しています
  • 変なテイストの作家さんと聞いて。6章までは結構いい感じだと思います。高橋源一郎と古井由吉に筒井康隆を少々ブレンドしてお湯で割ったような感覚。ところが7章あたりから説明が始まり、しかもホラー風味を強引に 変なテイストの作家さんと聞いて。6章までは結構いい感じだと思います。高橋源一郎と古井由吉に筒井康隆を少々ブレンドしてお湯で割ったような感覚。ところが7章あたりから説明が始まり、しかもホラー風味を強引にねじ込んで注文通りの作品にまとめようする動きが見えてくる。著者としても不本意なのではないか。純文学として好きなように書かれたとしたらどうなっていたのか気になる作品。 …続きを読む
    猫丸
    2019年01月15日
    16人がナイス!しています
  • 昼休み、車の後部座席を倒しゴロンと横になる。 本を読み始めた僕は、いきなり黒服の男に拉致され、 異次元の世界へと連れ去られた。 朦朧とする意識、信楽焼の狸がグルグルと廻っている。 夢か現実か?起きてい 昼休み、車の後部座席を倒しゴロンと横になる。 本を読み始めた僕は、いきなり黒服の男に拉致され、 異次元の世界へと連れ去られた。 朦朧とする意識、信楽焼の狸がグルグルと廻っている。 夢か現実か?起きているのか寝ているのか? 本を読んでいるのか妄想しているのか? 僕の脳は、宇宙人によって解剖されているようだ。 ピッピッピ…と鳴り響くアラーム音。 昼休みが終わり、我に返る。 なぜ僕は北野勇作読むのだろうか? きっと、この不思議な感覚を、 脳が求めているからなのではないだろうか。 …続きを読む
    kiyuan
    2013年10月24日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品