一年分、冷えている 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年04月21日
商品形態:
電子書籍

一年分、冷えている

  • 著者 大沢 在昌
発売日:
2017年04月21日
商品形態:
電子書籍

人生には一杯の酒で語りつくせぬものなど何もない――大人の囁きをリリカルに綴った、とっておきの掌編小説集。

サーファーの集う砂浜を離れ、キムはハコと名乗る少女を車の助手席に乗せて、海辺の一軒家に来た。キッチンの冷蔵庫から取り出した1本のウォッカには、ある想いが込められていた(表題作)。
彼はある歌をきっかけに、傷心を抱いた男女が集う酒場のことを知った。東京から1キロ以上離れた地にあるというその酒場を、彼は訪ね歩くのだが……(「二杯目のジンフィズ」)。

それぞれの酒、それぞれの時間、そしてそれぞれの人生。
街で、旅先で聞こえてくる大人の囁きをリリカルに綴ったとっておきの掌編小説集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一年分、冷えている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 知らないところに迷い込んだような短篇集。どの物語も静かにドラマが始まる感じ。機内誌に掲載されていたそうだ。人の数だけ心の旅がある。喜び、悲しみ…いろんなことを経験できる心の旅がこの中に詰まっているよう 知らないところに迷い込んだような短篇集。どの物語も静かにドラマが始まる感じ。機内誌に掲載されていたそうだ。人の数だけ心の旅がある。喜び、悲しみ…いろんなことを経験できる心の旅がこの中に詰まっているような気がする。ちょっと鞄に入れて出かけたい一冊。 …続きを読む
    あつひめ
    2017年04月14日
    57人がナイス!しています
  • 表題作と「ビデオショップで」「ちゃま」「二杯目のジンフィズ」「湾岸道路で釣ったモノ」「共犯者」「低気圧去って」「記念日」「懐中時計」「自画像」「一年の反対側」「家族」「スープ」「手袋」「ふたりの晩に」 表題作と「ビデオショップで」「ちゃま」「二杯目のジンフィズ」「湾岸道路で釣ったモノ」「共犯者」「低気圧去って」「記念日」「懐中時計」「自画像」「一年の反対側」「家族」「スープ」「手袋」「ふたりの晩に」「マッチプレイ」「香水」「年期」「老獣」「ひとり」「気つけ薬」「終わりは始まり」の22編収録の掌編集だが、'91年単行本の古い作品集であるが、ホモネタ1、フェミニズムネタ3あるのが、流石天才大沢。全体としては童話に近いハートフルな話が多い。自立した女性がナンパされずに静かに酒を飲めるバーがあるべきだという作品 …続きを読む
    魔魔男爵
    2018年03月08日
    6人がナイス!しています
  • もう何年も飛行機に乗ってない。好きではないから。 妻や娘は上空から見る景色の美しさから、 飛行機が苦にならないどころかむしろ好んでさえいる。 飛行機に乗っている時間は、 人によっては生きた心地がしない もう何年も飛行機に乗ってない。好きではないから。 妻や娘は上空から見る景色の美しさから、 飛行機が苦にならないどころかむしろ好んでさえいる。 飛行機に乗っている時間は、 人によっては生きた心地がしない冷や汗の永遠であり、 他の人にとっては天国のような極上な刹那である。 その時間の有り様によって、 この本の感想も変わってくるのかもしれない。 飛行機機関紙に掲載の洒脱な短篇集。 …続きを読む
    ラムネ
    2017年08月13日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品