ジュリエットの悲鳴 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年08月30日
商品形態:
電子書籍

ジュリエットの悲鳴

  • 著者 有栖川 有栖
発売日:
2013年08月30日
商品形態:
電子書籍

どの作品も短いけれど、骨太。さすがです

人気絶頂のロックバンドの歌に忍び込む、謎めいた女の悲鳴。ヴォーカリストが語りはじめる悲劇の真相とは……。(『ジュリエットの悲鳴』)夜、列車に揺られる男の脳裏をよぎる、夜汽車をめぐる過去の情景。我に返ったとき、男は自らにじわじわと迫る危機に気づく……。(『夜汽車は走る』)スタンダードなアリバイ・トリックからギャグ・ミステリまで、バラエティに富んだ短編とショートショート十二作品を収録し、有栖川有栖の魅力の全貌を伝える傑作ミステリ集!

メディアミックス情報

NEWS

「ジュリエットの悲鳴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノンシリーズの短編&ショート12編。ご本人が「ごった煮の味わい」と言うぐらい非常にバラエティに富んだ作品集。倒叙もの、ブラックユーモア、SF風、読者への挑戦付き推理もの、サスペンス、幻想文学風、純文学 ノンシリーズの短編&ショート12編。ご本人が「ごった煮の味わい」と言うぐらい非常にバラエティに富んだ作品集。倒叙もの、ブラックユーモア、SF風、読者への挑戦付き推理もの、サスペンス、幻想文学風、純文学風…と一作ごとに作風も趣も違っており、有栖川氏の多才ぶりを楽しめる贅沢さ。お気に入りは幻想的な内容ながら笑える落ちの「パテオ」。東野作品の「超読書機械殺人事件」を思わせる「登竜門が多すぎる」は、推理作家志望の男が執筆には欠かせない便利なソフトなる物を次々と勧められる爆笑必至の作品。短編ながら粒揃いでお薦め。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年01月07日
    96人がナイス!しています
  • バラエティに富んだ短編集。登竜門が多すぎる・タイタンの殺人なんかがイイ。 バラエティに富んだ短編集。登竜門が多すぎる・タイタンの殺人なんかがイイ。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2013年10月26日
    87人がナイス!しています
  • 読友さんのオススメで有栖川有栖さん二冊目。著者の魅力を味わえる多彩な作品集で、初心者にも嬉しい一冊でした。バラエティに富んだ十二編の中でも作家ものは鉄板で、「登竜門が多すぎる」がお気に入り。冗談話を面 読友さんのオススメで有栖川有栖さん二冊目。著者の魅力を味わえる多彩な作品集で、初心者にも嬉しい一冊でした。バラエティに富んだ十二編の中でも作家ものは鉄板で、「登竜門が多すぎる」がお気に入り。冗談話を面白い作品に仕上げちゃうところに力量を感じます。「危険な席」「パテオ」の終わり方も好き。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2017年12月28日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品