ジュリエットの悲鳴

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041913055

ジュリエットの悲鳴

  • 著者 有栖川 有栖
  • デザイン 大路 浩実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041913055

新本格ミステリの旗手、有栖川有栖の短編、ショートショート12作品を集め

人気絶頂のロックシンガーの一曲に、女性の悲鳴が混じっているという不気味な噂。その悲鳴には切ない恋の物語が隠されていた。表題作のほか、日常の周辺に潜む暗闇、人間の危うさを描く名作を所収。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ジュリエットの悲鳴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノンシリーズの短編&ショート12編。ご本人が「ごった煮の味わい」と言うぐらい非常にバラエティに富んだ作品集。倒叙もの、ブラックユーモア、SF風、読者への挑戦付き推理もの、サスペンス、幻想文学風、純文学 ノンシリーズの短編&ショート12編。ご本人が「ごった煮の味わい」と言うぐらい非常にバラエティに富んだ作品集。倒叙もの、ブラックユーモア、SF風、読者への挑戦付き推理もの、サスペンス、幻想文学風、純文学風…と一作ごとに作風も趣も違っており、有栖川氏の多才ぶりを楽しめる贅沢さ。お気に入りは幻想的な内容ながら笑える落ちの「パテオ」。東野作品の「超読書機械殺人事件」を思わせる「登竜門が多すぎる」は、推理作家志望の男が執筆には欠かせない便利なソフトなる物を次々と勧められる爆笑必至の作品。短編ながら粒揃いでお薦め。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年01月07日
    94人がナイス!しています
  • バラエティに富んだ短編集。登竜門が多すぎる・タイタンの殺人なんかがイイ。 バラエティに富んだ短編集。登竜門が多すぎる・タイタンの殺人なんかがイイ。
    ダイ
    2013年10月26日
    86人がナイス!しています
  • 読友さんのオススメで有栖川有栖さん二冊目。著者の魅力を味わえる多彩な作品集で、初心者にも嬉しい一冊でした。バラエティに富んだ十二編の中でも作家ものは鉄板で、「登竜門が多すぎる」がお気に入り。冗談話を面 読友さんのオススメで有栖川有栖さん二冊目。著者の魅力を味わえる多彩な作品集で、初心者にも嬉しい一冊でした。バラエティに富んだ十二編の中でも作家ものは鉄板で、「登竜門が多すぎる」がお気に入り。冗談話を面白い作品に仕上げちゃうところに力量を感じます。「危険な席」「パテオ」の終わり方も好き。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2017年12月28日
    65人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品