残花亭日暦 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年09月30日
商品形態:
電子書籍

残花亭日暦

  • 著者 田辺 聖子
発売日:
2013年09月30日
商品形態:
電子書籍

ご主人”カモカのおっちゃん”の件りは号泣しました

関西の瀟洒な家で、車椅子の夫、老母、パート夫人、ミド嬢、数数のぬいぐるみと共に忙しく暮らす田辺さん。ある日、夫に新たな病が発覚。別れの時を予感しながら、看護と介護と作家仕事を切り盛りしていく。毎日の食卓、原稿執筆、夫の憎まれ口、お葬式、納骨――。作家のありふれた一日から主婦の一大事まで、日々の思いをユーモラスに書き留めた人生日記。発表時、感動の声が続々届いた話題の書。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「残花亭日暦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日々の想いをユーモラスに語る日記ですが、心に刺さりました。大変なことを明るく捉えられるおせいさんが凄いとしか言えません。カモカのおっちゃんとの最期の日々が悲しいですし。別れを見据えながらも前向きにいら 日々の想いをユーモラスに語る日記ですが、心に刺さりました。大変なことを明るく捉えられるおせいさんが凄いとしか言えません。カモカのおっちゃんとの最期の日々が悲しいですし。別れを見据えながらも前向きにいられる力に感動します。 …続きを読む
    優希
    2018年05月17日
    76人がナイス!しています
  • ☆☆☆★ カモカのおっちゃんとの最期の日々がせつない。70歳過ぎて、原稿書きに講演に介護にと走り回るおせいさんのバイタリティに感服。一度講演を聴いてみたかった。 ☆☆☆★ カモカのおっちゃんとの最期の日々がせつない。70歳過ぎて、原稿書きに講演に介護にと走り回るおせいさんのバイタリティに感服。一度講演を聴いてみたかった。
    メタボン
    2018年02月07日
    31人がナイス!しています
  • 「夫婦」について、ここ数ヶ月、個人的な事情からいろいろ考えなくてはいけなかった。そして田辺聖子さんにカモカのおっちゃんが最後に遺した言葉「かわいそに ワシはあんたの味方やで」。これに尽きると実感した。 「夫婦」について、ここ数ヶ月、個人的な事情からいろいろ考えなくてはいけなかった。そして田辺聖子さんにカモカのおっちゃんが最後に遺した言葉「かわいそに ワシはあんたの味方やで」。これに尽きると実感した。 日頃何があろうとも、最後の最後に味方になるのは、お互いの連れ合い。そうでありたい。しかし、夫の最後の日々を記録する眼は時にギョッとするくらい冷徹で、愛情はあっても流されていない小説家の視点なのにも驚く。ママハハとして育てた4人のお子さん達の成長、その程良い関係も良かった。 …続きを読む
    水無月
    2017年11月08日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品